それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 27日

八ヶ岳~清里高原ドライブ

日曜日は、珍しく人様に誘われて、大勢でドライブに行ってきました。

7時に迎えに来てもらって、相模大野経由で中央道八王子ICへ。高速1,000円の影響で混んでいるかと思いきや、さほどの渋滞もなく、小淵沢ICまで到着。

天女山の麓辺りで多少時間をつぶしてから、『仙人小屋』へ。

11時の開店と同時に入って正解でした。あまり商売っ気のないお店のようで、頼んだ物が出てくるまで、結構な時間がかかるのですが、その間にどんどんお客さんが入ってきて、11時半頃にはかなりの席が埋まっていました。12時に来店すると、相当待たされることになると思います。

頼んだのは、山菜盛り合わせ、山菜天ぷら、鹿肉のレアロースト、新子の天ぷら、といった辺り。山菜は若干の苦みを感じさせながらも、おいしく食べられました。よっぽど新鮮なんでしょうね。山菜天ぷらは、かなり笑える量で出てくるのですが、4人がかりだと、思ったよりあっさり食べきることができました。鹿肉も新子もおいしかったです。

本題とは関係ないですが、ここは『ヴィラ・アフガン』からも随分と近いんですね。

というわけで、この日に引き続き、食後は清泉寮のソフトクリーム。前回から多少の学習効果はあったのか、外には出ずに、ストーブの焚いてある部屋で堪能。

その後は、某氏のたっての希望により『えほんミュージアム清里』。残念ながらと言うか、当然ながらと言うか、自分は絵本には詳しくないのですが、ミュージアムの中は幻想的な絵で溢れていて、少し異世界に迷い込んだような不思議な気分を味わいました。そう言えば、清里自体、絵本に出てきそうな牧歌的で幻想的な場所ですもんね。

それから、『サントリー白州蒸留所』見学へ。白州って、ここ最近テレビで特集されてましたっけ?

で、ウィスキーの蒸留の工程から、樽の内焼き、貯蔵庫と見せてもらって、最後に試飲。と言っても、車で来ていたので、誰も飲めなかったんですけどね。それも何だか悔しいので、『山崎』と『白州』の12年もの、ベビーボトルのセットを自分用のお土産に買ってしまいました。

ここからは一路帰宅。4時過ぎに小淵沢ICで、渋滞はどうかと思ったのですが、小仏トンネル手前で1時間弱はまっただけで、思ったよりヒドいことにはなりませんでした。

最後は、幹事某氏と三軒茶屋の『板蕎麦 山灯香』で反省会。いつも食べている蕎麦とは違う食感で、新鮮でした。

というわけで、人様の車で清里高原ドライブ。おいしいものばかり食べ過ぎて、お腹がはち切れそうになる一日でした。
[PR]

by kcchicago | 2009-04-27 20:48 | Colt VR | Comments(0)


<< 運転体力      目隠ししたままのチキン・レース >>