それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 19日

たまには仕事ネタを

と言っても特にないのですが

・この春に終わったはずのプロジェクトは全く終わっていなかった。仕事の上での自分の転機は昨年度中に来るはずだと思っていたのに、昨年度の頭、正確には一昨年度の終わりに今のプロジェクトに放り込まれて、どうも風向きが変わったようだ。今年度いっぱいは何となく引きずるかもしれない。まあ、これ自身、面白い経験であることに間違いはないから、いいと言えばいいんだけど。

・それはガバナンスではなく、単なる担当者の責任逃れだろう。

・一度は完全に潰れたと見做された事業を自らの機転と行動力と粘り強さで隆々たる事業に復活させ、その経営に関する知識には確たる学問的な裏付けがあり、専門の技術者も舌を巻くほど技術にも精通し、経営トップからは厚い信頼を、並居る部下からは畏敬の念を持たれ、それでいて決して驕らず、目下の人間にも非常に丁寧な態度で接し、故に誰からも尊敬されている立派なビジネス・リーダー。本当に非の打ちどころのない人だと思うけど、誰からも「あの人は非の打ちどころがない」と思われるのは、少し不幸なことかもしれない。

・何度も同じことを書くなと言われそうですが、やっぱり金融機関は怖い。また痛感。

・それはそれとして、「高度金融工学なんて、ただのまやかしだ」と本気で思いこんでいるとしたら、それはやはり問題。はさみやカッターナイフを誤った使い方をしたために誰かが傷ついたとして、以降は使い方に気をつければいいだけで、「はさみやカッターナイフなんて二度と使うもんか」というのは、飛躍し過ぎ。

・あ、でも分からないものには手を出さない方がいい、というのも真実だと思います。分かった上で正しく使おうとする人と、心の中で舌を出している人と、分かっていないのに分かった振りをする人と、世の中には色んな人がいますからね。

・世間的にも、職場でも、さすがに今はクール・ビズなのですが、「○○さんは、いつもきちんとしてらっしゃるので、今日は我々も」とお互いに言い合うことしばし。まあ、アポ取りの段階で「お互いにクール・ビズで」と言えばいいだけの話ですが。

・不況、不況と喧しい今日この頃ですが、でかいプロジェクトになればなるほど、完全に計画が潰え去ることはなくて、先送りされたとしても着実に進んでいる感じ。こういうご時勢では、やはりインフラ系は強いですね。


とまあ、こんな感じでしょうか。最近、仕事の面では精神的に仙人さまになってしまってたような気がするので、もう少し地に足を着けて頑張ろうと思います。いくら仙人さまを気取ってみても、霞を食うだけでは生きていけませんからね。。。
[PR]

by kcchicago | 2009-07-19 23:02 | 仕事 | Comments(0)


<< MBA夏祭り2009      奥多摩湖 >>