2009年 12月 25日

クリスマスイブは中華料理で。

HQにいたときから引きずってるPJの関係もあって、工場の偉いさんを含めて飲み会。

個人的にはとっても楽しかったし、食べ物もおいしかったし、ガイドブックには載ってないところだからリアルで来た人には案内できる店も増えたし、それはそれでいいんだけど、全体状況と客観的な自分の状況には「ウーム。(-"-;)」という感じがなくもないです。

東京にいた感覚からすると、カステラの国はとっても優しい人が多いんだけど(うちの会社自体、世間の感覚からすると異例に優しい人が多いのだろうとは思うけど)、いつまでもそれに甘えてるわけにはいかないよなぁ、とか。自分に言い訳はできないよなぁ、とか。

それを痛感しているだけでも、異動して良かったんだろうな、とは思います。。。
[PR]

by kcchicago | 2009-12-25 00:37 | 仕事 | Comments(0)


<< カステラの国のラーメン屋      夜の海岸線 >>