それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 11日

オレは蜜柑星人。

というわけで、昨夜達成できなかった蜜柑を購入してきました。(`・ω・´)

この時期、カステラの国では、海沿いを走っていると至るところに「かき焼き」を見つけることができるのは、先に書いたとおりですが、一方で山道を走っていると見つけられるのが、蜜柑売りのスタンド。と言っても、無人の棚に無造作に袋詰めの蜜柑が置いてあり、その脇に料金箱が設置してあるだけなのですが、近所の長与から伊木力に抜ける辺りには、本当に無数のスタンドがある。

この伊木力みかん、カステラの国に来るまでは知らなかったのですが、結構有名なものらしいです。リンク先ではかなりのお値段で売られていますが、蜜柑売りスタンドでは何と一袋100円! それで数えてみたら14個も入っていました。

形や大きさは不揃いで、見た目も良くないものばかりですが、とっても糖度が高くておいしくて、既に5個も食べてしまいました。。。(^^;)

その後は、余勢を駆って、佐世保まで。

佐世保と言えば、もちろんお目当ては佐世保バーガー

「ビッグマン」がいっぱいで、「ベースストリート」は本日分売り切れにつきclosedだったので、リンク先にある「山本」で頂きました。この「山本」は他の認定店と違って、佐世保バーガーの専門店ではなく、「普通の喫茶店で佐世保バーガーも売っていますよ」という位置づけで、ベーコンやチーズも選べず、選択肢は「佐世保バーガー」一択でした。

「チーズもないし、見た目寂しいね」とか思いながら食べたのですが、はっきり言って佐世保バーガーを侮っていたことを思い知らされました。バンズはふわっとした風合いを保ちながらも表面がカリッと焼かれていて、食感がとても心地よく、パティは和牛100%のぎゅっとした肉質感がありながら、それでいて全く固くなく、程よくジューシーで、噛むたびに肉の旨さがじゅわっと出てくる感じです。ボリュームも、バンズの直径13cmと紹介されていますが、最初出てきたときに思わず笑っちゃいそうになったほどの大きさで、パティはこれだけで十分にハンバーグステーキとして成立し得るのではないかと思わされました。いやぁ、うまかったです。

佐世保からは、R35 ⇒ R202 ⇒ R498 ⇒ カステラ自動車道でサクッと帰宅。あ、どうでもいい話ですが、このブログの表記上、大文字の「R」は国道で、小文字の「r」は県道です。

さて、来週末も今週くらい暖かいようであれば、足を伸ばして平戸辺りを攻めてみましょうか。(`・ω・´)
[PR]

by kcchicago | 2010-01-11 20:52 | Colt VR | Comments(0)


<< 衝動買い      蜜柑は売り切れ >>