2010年 04月 10日

組織の中で仕事をする。

別に肩書がついたからというわけではありませんが、今の会社生活も既に12年目に突入して、改めて組織の中で仕事をすることの意味を考えるべき時期に来ているのかもしれません。

これまでは、単に一番下っ端の担当として全力を尽くして仕事をしていればそれで良かったのですが、そろそろ「自分だけが結果を出せば、それでいいのか?」ということを考えなければいけない、ということなのか。

さすがに社会人も12年目になると、個人として最高のパフォーマンスを出すよりも、組織としてのアウトプットを最大化することの方が大きな成果につながる、というのは理解しているのですが、そのために自分を殺した方がいいというところまでは自分の中で行動様式に落ちていないようです。

そこまで見据えて言われた一言ではないのかもしれませんが、担当レベルには担当レベルなりの思惑やせめぎ合いもあり、若干、解決に頭を悩ましそうです。。。
[PR]

by kcchicago | 2010-04-10 00:10 | 仕事 | Comments(0)


<< 日本企業はモノづくりに逃げている。      文明堂と言えば・・・ >>