2010年 04月 10日

日本企業はモノづくりに逃げている。

という意見は、自分にとってはちょっとショックですが、それでも相当納得感のある意見です。

このまま行くと、日本が世界の町工場になる、というのも根っこは同じなんでしょうね。


日本の高度精細加工技術は今もって世界に誇れるものだとは思いますが、職人的に加工技術を突き詰めるだけではなく、その技術を付加価値に転換する術をもっと大真面目に考えていかないと、新たな価値の提案をした人に利益を全て持っていかれる。「精細加工が必要?そんなの日本企業に下請けに出せばいいよ。」ということになりかねない、ということです。高度な技術を持っている町工場や中小企業が大企業に搾取されている構図を連想してもらえればいいかと思いますが。

このままでは、精細加工が単なる手間仕事になって、例えば、日本企業が中国企業の下請けになる日もそんなに遠くないのではないかと思います。
[PR]

by kcchicago | 2010-04-10 22:33 | 仕事 | Comments(0)


<< 価値創出を念頭に置いた技術開発      組織の中で仕事をする。 >>