2005年 10月 09日

R299制覇!

本日は比較的早く目が覚めたのですが、GSBのイベント関係やらでちょこちょことメールを打っているうちに、あっという間に昼になってしまいました。

でも、日付が変わるまで12時間くらいはドライブできるぞ!と思い立ち、某巨大掲示板群で有名なR299全線制覇に挑んできました。

最近のお約束のように調布ICから中央道に乗り、八王子まで。調布IC乗る前にガススタの料金表示見たらハイオクがリッター140円まで上がってるんですね。そろそろ150円も近いのか?ウーム。(-"-;)

八王子からはひたすら16号を北上。入間の辺りから299へ。飯能から正丸トンネルを通って秩父へ抜けるあたりまでは「何だか普通の道だな」と思っていたのに、140号を越えてから徐々に雰囲気が変わってくる。何だか妙に狭い割に交通量が多いな。(-_-;)

志賀坂峠からさらに奥に進むと、ドンドン霧が濃くなって前が見えにくくなってくる。そして両側かわ樹木の枝が張り出し、道はますます狭くなる。そして迎えた十国峠。

一言で言うと、「何じゃこりゃ!?( ̄□ ̄;)!!」真っ白く立ちこめた濃い霧の向こうからガンガン対向車がやってきて、しかも道幅が狭くてすれ違えないので鬼バックしないといけない局面もあったり。霧で後ろも見えない中、クソ狭い道をバックで戻る悲しさよ。

へとへとになって141号へたどり着いた頃には日も暮れ始めて、「もうダメだ、帰ろう (T-T)」と弱気になりかけるも、多分今後二度とR299を走る機会はないかも、と思い直し、残りの麦草峠側にもチャレンジ。

すると、こちらは面白い!通称「メルヘン街道」で、多分霧さえなければ緑に彩られた景色が美しいのだろうけど、それはそれとして、車線幅がきちんと取られていて、普通に二台が行き違えるようになっているので、多少の霧が出ていても安心して進める。

前の車を煽らないように注意して車間を空けながら、峠でのフットワークを楽しんでいるうちに諏訪に着いてしまいました。

R299を端まで走った後はR20で帰宅。でもさすがに疲れたので、大月から中央道で帰ってきてしまいました。そして、本日ようやくえぼきゅうちゃん、6,000km突破。荒れた道を走って大分汚れたので、明日は洗車しよう。
[PR]

by kcchicago | 2005-10-09 23:41 | Evo IX | Comments(0)


<< 言葉の定義      五日市~奥多摩 200km >>