2011年 04月 09日

隘路

何で好き好んで皆してこんな隘路に嵌り込んでいくんだろう、と思わなくもないけど、この隘路の先にしかゴールがないのは確か。だったら、先頭切って突っ込んでいくしかないでしょう。

と、ここ最近はそんな仕事の仕方。

これは絶対に、将来の自分の糧になる、という確信があると同時に、その仕事に挑んでいる今が、きっと自分にとっては楽しいのだろう。

そう思える仕事があるうちは幸せ。
[PR]

by kcchicago | 2011-04-09 01:21 | 仕事 | Comments(0)


<< カレー焼肉?      一進一退しつつ >>