2011年 06月 04日

今年の新人

水曜日に、今年の新人君の歓迎会がありました。

海外プロジェクトを専門的に扱うグループということもあり、今年の新人君は海外籍となりました。それも、これまで多かった欧米や中韓以外から。最近は、日本人でも海外大卒が増えてるし、と言うか人事が意図的に増やしているみたいだし、弊社でも少しずつグローバル化が進んでいるということでしょう。

で、配属前は「誰が指導員をするのか?」とか、「グループの公用語は英語になるのか?」といった会話も聞かれましたが、配属されてみたら、日本語ペラペラの彼でした。何てったって、歓迎会の席で彼が行った挨拶の第一声が「高いところから失礼します!」だったので。

それはそれとして、気づいたらグループの若手も含めてほとんどが海外経験者になってきているし、日本で日本人が日本語で仕事をする、ということが当たり前のことではなくなってきているようです。

自分も、もう一度、気合いを入れ直さないと。
[PR]

by kcchicago | 2011-06-04 14:55 | 仕事 | Comments(0)


<< 雑感。      9月1日はカレー事始め >>