それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 25日

キャリアの積み上げ方

色々書いてから消してしまったのですが、こちらは一言で言うと、「人と違った特異なキャリアの積み上げ方をした方が良い。」ということかと最近、強く思います。

「良い」というのは、やっていて面白いというのと、将来的に飯の種になるという意味で。

思うに、順当な出世コースというのは、ピラミッドを上がれば上がるほど立ち位置が狭くなってくるのに対し、特異なキャリアを描いていくと、スポッと当てはまるポジションの数こそ少ないものの、競合が誰もいないので、必ず自分が必要とされる場所を見つけることができる。

自分の場合は、これまでライン業務よりも特殊PJ関係の仕事が多いという職歴に加えて、「財務」+「海外」というキーワードで、社内でもなかなか面白いキャリアを描けそうだし、その過程で十分な経験を積むことができれば、定年退職してから年金貰えるまでくらいは食いつないでいけるかな、と思います。

幸い、ここの任期はそんなに長くはならなさそうですが、日本に帰っても、また3、4年したら海外に出てみたいし、次は、あまり会社の規模は大きくなくていいので、CFOやTreasurerのポジションを取れたらなぁ、とぼんやり思っています。
[PR]

by kcchicago | 2011-12-25 16:31 | 仕事 | Comments(0)


<< マンション。      仕事で必要になる英語力 >>