2012年 01月 11日

チームAMD

過去の自分の日記を見返して、久々に「AMD」という単語を見つけたので、甘いものネタを。

インドの中でも州によって事情は相当異なるようですが、自分が滞在している州は、かなり厳格なベジタリアンが大多数を占める州。

なので、当然ながら、お菓子についても卵を使用しているものは厳しいわけです。と言うと、洋菓子は、ほぼ全滅だよなぁ。。。ホテルのカフェに行くと、ベジタリアン用のケーキも売っていて、ベタ甘だけどパサパサ。みたいな、妙な食感です。

当地には、日本の出張者と言えば長崎からの人が多いのですが、長崎と言えば、言わずと知れた「カステラの国」。東京では文○堂の方が有名かもしれませんが、地元の人が持ってきてくれるのは圧倒的に福砂屋。やはり、裏についたザラメは外せないわけです。

そして、自分が長崎に立ち寄った時にインドに持って帰ってくるのは、小城の羊羹。これって、と○やのような控えめな甘さとは異なり、ベッタベタに甘いので、関東の人は引いてしまうかもしれませんが、こちらにいる日本人には圧倒的な支持を得ています。あと、羊羹はベジタリアンでもOKなので、そういう意味でも重宝します。まあ、厳密には小城は長崎ではなく、佐賀になるのですが。

インドでの甘いものと言えば、基本的にはチョコレートかアイスクリーム。これらは当然、日本とは味が変わらないので、安心して楽しめます。アイスクリームは、結構、出張者にも評判が良いです。

あと、名前が分からないのですが、インドの伝統的なお菓子は、食感が餡を使った和菓子に似ていて、個人的には美味しいと思います。

うん。こうして見ると、インドでも結構甘いものを食べてるかもな。今月下旬はまた日本に出張なので、そのときは甘いものをスーツケースに詰め込んで帰ってくることにしよう。
[PR]

by kcchicago | 2012-01-11 02:07 | インド生活 | Comments(0)


<< 幡揚げの祝日とソフトボール大会      流動的な労働市場と意外とドライ... >>