2005年 12月 17日

ああ、九十九里浜

昨晩は珍しくマジメに残業してて、帰宅したのは日付が変わってからだったのに、そのまま車で出かけたりしてたものだから、今日も活動し始めたのは午後から。

山梨や埼玉の山奥はそろそろ積雪や路面凍結で走れなさそうなので(今日は暖かかったから平気だったかもしれないけど)、たまには東へ行ってみようと川崎方面へ向かう。あれ?

そうなのです。木更津へ抜けるのにアクアラインを使ってみようと思ったわけなのです。登戸から409号に入ってひたすら南下。工業地帯の脇を抜けてアクアラインへ。

考えてみれば、アクアラインに来るのはまだ二度目。一度目は何故かラリーの受付がアクアラインで行われたことがあって、ナビゲーターとして助手席で来たことがあっただけ。しかもそのときは早朝で、海ほたるの施設はオープン前。今回、初めて自分の車でアクアラインを通り、海ほたるの施設にも入る。1,480円の穴子御膳がちっともおいしくなかったのは御愛嬌。土日に行われてるライブもレベルが高く、結構侮れないぞ海ほたる、と思ったのでした。

アクアラインを渡りきってからは、ナビを見ながら、適当に409号や297号当たりを乗り継いで、南西方面へ向かう。気付いたら房総半島をほぼ横断しきってたようで、海岸近くに出たので、そのまま九十九里浜まで向かう。

もちろん泳いでる人はいないけど、ウィンドサーフィンをしてる人多数。時間は既に4時半くらいで辺りも暗くなってて、もちろん気温も低いのに、この人たち元気です。そしてボケッと海を眺めてると昔ちょっとだけ売れた、Mikeの『想い出の九十九里浜』。宇徳敬子は結構好きだったのだけど、最近は活動してるのだろうか?

その後は房総半島をひたすら南下。鴨川シーワールドの近くで寿司を食べたところで何だか妙に満足してしまい、房総半島一周の野望を捨てて、さっさと帰路に。

しかし、ここでナビがやってくれました。このナビ、前から不思議だったのだけど、経路選択の方針が変なのです。普通の人なら普段は絶対使わないであろう道を容赦なく選択してくれる。それとも、学習機能でもついていて、このドライバーならどんな道でも大丈夫だろう、と判断しているのか?

というわけで、大人しくナビの経路に従ったら、房総半島の真ん中当たりを走るとんでもない山道を選んでくれました。こんなのミニバンに乗ったサンデーパパなら絶対に泣きが入るぞ、と思いつつ、前後を走る車も全くいない山道を快適に走り、あっという間に房総半島を抜け、予想をはるかに上回るスピードで自宅に帰ってきました。

本日の走行距離は約330km。えぼきゅうはますます快調です。
[PR]

by kcchicago | 2005-12-17 23:08 | Evo IX | Comments(0)


<< 冬の嵐      GSB information... >>