2015年 04月 05日

雨中ドライブの経験値

普段は、雨の日にケータを運転することはないのですが、昨晩ちょろっと夜ドラに出ようと思ったら、デフの辺り?から速度と回転数に比例してカラカラ言う異音が聞こえてきて、「これはいかん。」と思ったので、本日急きょファクトリーで見てもらうことにしたのでした。

というわけで、本日は最初から雨なのが分かっていながらの運転です。

ケータの幌は、一見適当なつくりに見えるのですが、これが思いのほか良く出来ていて、幌側の二重のフラップがサイドスクリーンを挟み込む構造になっており、きちんと幌を装着すると雨が降り込んでくることは、あまりありません。(「あまり」というのがポイントですが)

ワイパーは、これまた適当なつくりに見えますが(そして、こちらは本当に適当なんだと思いますが)、むしろある程度の雨量がある方が、ワイパーとウィンドウがうまい具合に馴染んで、それなりに視界を確保することができます。(「それなりに」というのがポイントですが)

これで大分、雨中ドライブの経験値も貯まったぜ!と喜んでいたのも束の間、帰路は幌からポタポタ雨が漏れてくる!?

どうやら、長時間、雨にさらすと、じわじわと雨が幌に染み込んで継ぎ目のところから漏れてくるようです。なので、帰りは信号で止まるたびに雑巾で内側から幌を拭っていました。(後で、これを報告したところ、STOREのSさんに「立派なセブン乗りですね」と褒められました…。)

ところで、冒頭に記載したデフの辺り?からの異音は、全くデフでも何でもなくて、サイドブレーキのワイヤーを固縛していたのが外れて、シャフトと干渉していたとか。来月の北海道遠征を前に大事にならずに済んで良かったです。

また、午前中にファクトリーに訪れた時に、来月のJAPAN LOTUS DAYの申込用紙をもらったので、家で記入してから、夕方STOREに行って提出してきました。(可愛い方のSさんに書類をもらって、美人な方のSさんに提出するという、一粒で二度おいしい日でもありました。)

そして、ファクトリーとSTOREにそれぞれ往復し、羽田空港まわりまで足を延ばしたりしていたので、気付いたら雨の中、150km近く走っていました。確かに、合計で6時間くらいは運転席に座っていた気がしますからね。

というわけで、これで本当に雨中ドライブの経験値もばっちりです。
[PR]

by kcchicago | 2015-04-05 21:16 | Caterham | Comments(0)


<< 奥多摩越えて250km      春ですね >>