それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 22日

BAC MONO見学

日記の順番が前後しますが、この連休中は、お世話になっているSHOPにBAC MONOが展示されているので、東京で見られるうちにと思って見学に行ってきました。

e0024426_16504237.jpg
ショールーム入っていきなり真正面にドーンです。

上から見ると、ボディ自体はヒョウタン型と言うのでしょうか、後部に行くに従って絞り込まれている、猛烈にグラマラスなシルエットです。抑揚が効いたド迫力のスタイルなので、とても大きい車かと思ったのですが、全長は3,952mm、幅も1,836mmなので、そこまでのサイズでもないようです。

e0024426_16545011.jpg
当然ながら完全一人乗り。エアコンはおろか、フロント・ウィンドウやレーシング・スクリーンさえありません。

e0024426_16553169.jpg
操作系とインフォメーションは、全てステアリングに集中しているようです。シフトもパドルのようなので、ステアリングから全く手を離さずに運転に専念できるということでしょう。

e0024426_16573355.jpg
リアから見るとこんな感じ。足回りがギアボックスに直付け。めちゃくちゃ剛性高そうです。

e0024426_16583437.jpg
フロントがちょっとだけ開いて、メットイン・スペース。確かにヘルメット常時着用じゃないと運転できないでしょう。自走でサーキットに行って、一日遊んで、また自走で帰るとか、相当カッコ良いです。

e0024426_1703020.jpg
フロントの足回り。写真が下手くそで分かりづらいのですが、足回りの中にウィングが設置されています。写真上から3分の1の、右側から伸びているヤツです。本気度が高すぎてシビれます。

連休中は、やはり見学の人が多かったそうです。KTM X-BOWに乗ってる人が見に来られたとか、よく分かる気がします。日本には今後4年間で10台ちょっとの割り当てだそうで、これを手にできる人は幸運なのでしょうね。お幾らかいな?と思って聞いてみたら、自分が想像した値段の倍でした。願わくば、コレクターズアイテムになってしまわずに、将来的にはどこかのイベントで走っている姿を見かけたいものです。

まだ、注文は受け付けているようなので、このページをご覧のお金持ちの方は、一台お買い上げ頂いたうえで、是非いつか乗せてください。
[PR]

by kcchicago | 2015-09-22 17:08 | | Comments(0)


<< ロータスの聖地をめぐる旅 前編      富士山は遥か遠く >>