2006年 01月 15日

東京オートサロン

社内でも「KCは車好き」というのが徐々に浸透しつつあるみたいで、先週は自動車関係の部署の方より東京オートサロンの招待券を頂いた。

どちらにせよ行くつもりだったので「これはラッキー」と思い、今日は日曜日にしては早起きして、えぼきゅうで一路幕張へ。首都高に乗ったところで「東関道 事故渋滞8km」の表示が見えたので、サクッと7号小松川線から京葉道へ。そして幕張ICで降りて・・・

げげ!? こんなところから渋滞?( ̄□ ̄;)!!

東京オートサロンは東京モーターショーほどの人出ではないものの

・一般公開日が14、15日の週末のみに限定されている
・イベントの性質上、観に来る人たちの中に占める車好きの比率が高く、車での来場者が多い
・それでいて、東京モーターショーほど駐車場のスペースが用意されていない

という理由から、駐車場渋滞はモーターショーのときよりひどかったです。

そして、一時間渋滞にハマってたどりついた駐車場は満杯。。。

また別の列に並びなおす気力はなく、結局少しはなれたララポートの駐車場に車を放り込んで、電車で会場へ。会場前も当日券を買い求める人の列がうんざりするほど長かったけど、そこは招待券を持っていたおかげで難なくクリア。でも、家出てから入場するまでに3時間もかかってしまいました・・・。

会場内は、誤解を恐れずに言うと、モーターショーよりは少し品がない感じ。その分、車好きのギラギラした部分がよく出ているような。エアロやマフラー、その他チューニング・パーツ・メーカーのデモカーが所狭しと並べられていて、怪しげな雰囲気をかもし出し、車のそばにいるお姉さん方も「コンパニオン」と言うより「キャンギャル」という言い方がしっくりくる。可愛い女のコは代好きだけど、もう少しゆっくり車を見させて下さい。

とか、ゴチャゴチャ言いながら、あっちこっちに並べられているエボのチューンドばかりチェックしながら会場をうろつき、最後に三菱のブースへ。

コルト・バージョンRのところにいた黒髪ストレートヘアのお姉さんが一番可愛かったです。ではなくて、バージョンR、ネット上の写真を見た時は少しやり過ぎに感じましたが、実物はオバフェンも綺麗にまとまっていて、なかなか良かったです。車自体も良かったけど、何より良かったのがボディカラー。少しメタリックがかったマジョーラの赤。えぼの赤も本当はこういう色が良かった。真剣にえぼきゅうを塗り替えようかと思った一瞬でした。まあ、マジョーラでオールペンなんていくらかかるか分からないので、実際にはやりませんが。でも、普通の赤メタなら安くできないかなぁ?(^^; ちなみに三菱のブースには、エボはワゴンしかありませんでした。まあ、商売上はアウトランダーやアイの方が重要なのは分かりますがね・・・。(-_-;)

と、他にも見所はいっぱいあったのですが、人込みに疲れた(モーターショーと違い、普通の家族連れなど皆無。車オタクとカメラ小僧だけの人込みは濃くて疲れる)ので、2時間足らずで退散。

でも、十分面白かったです。
[PR]

by kcchicago | 2006-01-15 22:35 | Evo IX | Comments(0)


<< いつの日か      遊び場 >>