2006年 01月 28日

i 12台

うちの職場の隣にあるミツビシのショールームには
i(アイ)が12台も飾ってありました。

落ち着いた色のものからカラフルなもの、ROARのエアロをつけたヤツまで
同じクルマがあれだけたくさん並んでいても、あまりうるささを感じさせないのは
やはりデザインがいいからだと思います。

でも、ミツビシってこんなにデザイン力あったっけ?
とは、素直に疑問に思うところです(明らかに一台だけ異質なデザインのような気が・・・)。

ちなみに愛車なのでエボのデザインは好きですが
世間一般の目から見ると、やはりデザインソースとしては古いのだと思います。
ってか、ベースのセディアが出た時点で既に「古い」と叩かれてましたから。
で、セディアはブーレイマスクになって実質的に終わってしまい
ブーレイマスクが取れた今でもスイカのお化けみたいな変なデザインです。

コルトやグランディスはそもそもブーレイがデザインしたので
ブーレイマスクのついた初期型の方がいいデザインだと思いますが。
(グランディスって、どんどん変なデザインになってる気が)

アウトランダーはデザインとして悪くはないとは思いますが
どちらかと言うと無難にまとめた感じで、特別新しいことに挑戦したようにも見えないし。

そう考えるとアイはやはり出色の出来だと思います。
あ、ベーシックのekワゴンもシンプルでいい出来だと思いますよ。
あと、古いけど現行型ミニカの初期型も線の使い方がオシャレだなと思いました。
何気に小さいクルマの方が得意なのか?
[PR]

by kcchicago | 2006-01-28 15:37 | | Comments(0)


<< 夜のみなとみらいは目くるめくワ...      頭、痛い。 >>