それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 26日

ヤビツ-山中湖-明神峠300km

「アンパンが食べたいぃぃぃぃ!!o(”>_<)o」

起きてまず思ったのがそれだった穏やかな休日。

起きてみれば絶好のドライブ日和だったのに、既に昼前になっていたことでちょっぴり残念な気分。

まあ、でもそれはそれとしてアンパンを買いにエボでコンビニへ出かける。

ええ、さりげなく「エボで」って入ってるのがポイントですよ。
既にETCにはカード挿し込んじゃってますから。

というわけで、アンパンを食べて人心地ついた後は、そのまま東名川崎ICへ。東名は15kmの渋滞だったけど、完全に止まってしまうということもなく、何となくダラダラと、しかしそれなりのスピードで秦野中井まで。

秦野中井で東名を降りると一目散に北上して、ヤビツ峠へ向かう。
実はヤビツ峠を通して走るのって今回が初めて。最初は意気揚々と運転してたけど、途中から道の狭さと、それに見合わない対向車の多さに閉口してきてまったり走ることに。宮ヶ瀬側に抜けると、小僧バイクがビュンビュン飛びかって、ギャラリーしてる連中もいて、お前ら休日の昼間から何やってるんだ?と小一時間ほど問い詰めたくなる。

宮ヶ瀬湖北岸の公園で休憩した後は、県道64号で道志みちへ。
でも、まっすぐには山中湖に向かわずに、途中の県道76号を北上。でも、相模湖や上野原に出るでもなく、今度は県道35号を西へ。リニアの実験線って初めて見た。何でこんな山奥にあるんだろうね。そして、何故県道35号は田舎道であるにもかかわらず、こんな綺麗に整備されてるのでしょうか?

で、国道139号に出た後は少しだけ南下して今度は県道24号を東へ。ここはちゃんと対面通行の道幅が取られているにもかかわらず、交通量が少ないので(まあ、いかにも需要の少なそうな道だけど)、結構気持ち良く走れます。そして再び道志みちへ出て、今度は山中湖へ向かう。

山中湖で少し居眠りして、帰りは明神峠へ。これまでずっと138号で南へ出て246を東へ向かう、という意味のないことをしていたけど、どうせ下道を走るなら明神峠の方が楽しいじゃん!ということに今さらながら気付き、急勾配を上り下り、ここも気持ち良く走る。

246号は懸念していたほどの込み具合でもなく、心地いいペースで流れている。大井松田から東名に乗り、厚木で降りて南下。味噌ラーメン専門店の『Kuma Oyaji』で味噌チャーシューメンを食す。何と言うか、ラーメン自体は非常に普通な味噌ラーメンだったけど、やはりここのチャーシューは別格。チャーシューメンには一度トライする価値があると思います。

食後は246でさくっと帰宅。
アンパン買いついでの8時間300kmほどのドライブで、大満足でした。
さて、明日はどこへ行こうか?
[PR]

by kcchicago | 2006-03-26 00:15 | Evo IX | Comments(0)


<< 思いもかけず      料理教室申し込み >>