2006年 05月 20日

日本の女性は美しい

仲間由紀恵や竹内結子や上原多香子を持ち出してそんなセリフを言うのは明らかに反則なのではないかと思ったりもするのですが。

というわけで、今さらながら資生堂の『TSUBAKI』です。

女性タレントを6人も使った豪華なCMやSMAPの曲等、芸能面ではもちろん大いに騒がれている一方で、マーケティングやプロダクト・ミックスの観点からもあちこちで話題になっているようです。これまでの、マーケットを細分化して狙いとするセグメントを絞り込んで商品開発し、特定層を狙ったプロモーションを行うというやり方から、セグメントを絞り込まずに幅広い層に売り込むやり方への変化だとか、そのために女性タレントを6人も起用して各タレントが一つずつ女性の資質を代表(化体?)しているとか。

まあ、それはそれとして、自分は別にTSUBAKIを購入するわけでもないので、単純にテレビCMを眺めているだけでなのですが、このCMで上手なのは6人の女性タレントが登場する前に、無名タレント(と言うと失礼な言い方になってしまいますが)を何人か数場面で登場させていることだろうと思います。この数場面が彼我の格差を埋めると言うか。

いや、誰もそんなものは感じていないからTSUBAKIが成功しているのだろうとは思いますが、あまり豪華すぎるCMも少し考えものかな、と思わなくもないマーケティング門外漢のひとり言でした。

p.s. 個人的には仲間由紀恵好きですが、このCMでは竹内結子が一番美人だと思いました。まあ、どうでもいい話ですが。。。
[PR]

by kcchicago | 2006-05-20 23:32 | MBA | Comments(0)


<< キンメダイの煮付け      奥多摩 >>