それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 11日

Colt VR 試乗

会社の先輩であり、ターボエンジンをこよなく愛するY主任と一緒に、朝からColt Ralliart Version Rの試乗に向かう。

いつもの店でいつものディーラーさんと待ち合わせて、ディーラーさんのエアトレックに乗って、試乗車が置いてあるお店へ向かう。生憎のお天気だったけれど、それが幸いしてか、特に待たずに試乗車に乗ることができました。

というわけで、お店に到着するや否や試乗。最初に運転席に座らせてもらい、出発!井の頭通りから方南通りに入って、環七の手前まで。直線ばかりだったけど、それなりに加速を楽しむ。

結論から言うと、軽い!そして思ったよりも速い!さらにはブレーキが超利く!

多分、全て車重が軽いことが幸いしているのでしょう。排気音も良かったし、相当ちゃんとできた車でした。

試乗の後は、先週出してもらった見積りをベースにああでもない、こうでもないと話をする。去年エボを買ったばかりとあって、かなりハイパーな条件を出して頂きました。

でもね。。。

結論から言うと、今回は買い替えを見送ることにしました。

元々気にしていた「軽さ」については何の問題もなかったのですが、どうにも運転席に座ったときの違和感が拭えず、着座位置やメーターの配置やインパネの質感や。中でも最も気になったのがシフト・フィール。ゲトラグ製の5MTということだったのですが、エボと比較してしまう関係上、少しフニャっとした印象が残ってしまった。もちろん、エボのシフト・フィールが異例と言えるくらいカッチリし過ぎているので、それとの比較なのですが。。。

というわけで、目一杯頑張って条件を出してくださったディーラーさんには悪かったのですが、当面、望むらくは乗り潰すまでエボに乗り続けたいと思います。

ただ、これは一緒に行っていたY主任も言っていたことですが、今自分が車を持っていなくて、この車を買うかと聞かれたら、多分買うと思います。去年、自分が帰国した時点でこの車が発売されていたら、エボではなく、こちらを買ったでしょう。そのくらいいい車ではあると思います。付け足しフォローのようですが、偽らざる本音として。
[PR]

by kcchicago | 2006-06-11 19:47 | Colt VR | Comments(0)


<< 腰痛の日々      千歳烏山 「い志井」 >>