それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 09日

富士を見ながら400km

自分で言うのもなんですが、昨日は出発が遅かった割によく走りました。

ちょうど昼の12時くらいに部屋を出て、すぐさま東名川崎ICへ。途中、変にバトっているBMWやバイクなんかを尻目にまったりと走りながら御殿場ICまで。少し霧が出てきた中、自衛隊の演習地の脇を通り、富士山スカイラインへ。霧で全く前が見えなくなった道をこわごわと登っていく。そして、、、

やってきました、新五号目!

ここまで車で来れるのは知っていたのですが、実は来たのは初めてです。高速を使えば自宅から二時間弱で来れるものなんですね、知らなかった。。。生憎の天気で霧が出てしまい、下界を見下ろすことは全くできなかったのですが、取りあえず満足です。

で、登山などせずにサクッと富士山スカイラインを引き返し、さらに西へと進む。そのまま朝霧高原へ出ようかと思ったけど、何となく「白糸の滝」の表示に魅かれ、フラフラと。「どうせ、名前の通り白糸みたいにちょろちょろ流れてるだけなんでしょ」と思ってたけど、あに図らんや、結構な規模の滝でした。特に駐車場から見て手前側にあった「音止の滝」は、観客が「おー!」と声を上げるくらいの迫力はありました。

その後139号に出て、「道の駅 朝霧高原」へ。さすがにおなかが減ったので、ここで「鱒カツ定食」と朝霧高原牛乳をゲット。鱒カツはおいしかったけど、相変わらず食べてみても鮭との違いが分からない味覚音痴な自分です。(-_-;) 牛乳は仁王立ちになって左手を腰にあててグイっと。(ウソです。ホントはベンチに座ってストローでまったり飲んでました)

この時点で夕方5時くらい。そろそろ帰っても良かったのですが、何せ出発が遅かったので、まだまだ妙に元気。というわけで、139号精進湖脇から358号へ。ネットでちょっと有名な「上九うどん」を発見しつつ、ずんずん甲府へ。特に甲府では何をするでもなく、通りぬけるだけで、そのまま140号へ。

ここからが長かった。。。

140号って、結構な山道で、しかも途中で有料道路をはさんだりする割に、仕事関係の車(結構大きめのトラック、トレーラー等)やバスなんかがよく走ってるんですね。せっかくの山道を「ウーム。(-"-;)」と思いつつ、寝そうなペースで走る。それでも、ネットで有名な(動画にもなっている)秩父ループ橋を走ったときは「これがあの!」と一人で悦に入る。そして、秩父で299に乗り継いで、都心方面へ。

そして夕食を取って帰宅する頃には11時過ぎ。本日は締めて400kmほどのドライブ。そして、エボ9ちゃん(アザラシ入り)はめでたく走行距離2万キロ突破!今日は12ヶ月点検&オイル交換&EXコート&保険の更新に行ってきますよ。何故か右フロントだけタイヤが坊主だし(左コーナーでの荷重のかけ方が変なのか?)、タイヤ交換もすると、また出費が。。。まあ、趣味の代償だから、いいと言えばいいのですが。ウーム。(-"-;)
[PR]

by kcchicago | 2006-07-09 10:00 | Evo IX | Comments(0)


<< たまには仕事のおはなしなど      夜の山中湖 >>