それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 16日

津久井湖、相模湖、宮ヶ瀬湖

せっかくの連休初日ですが、朝は7時に目覚めたものの、熱帯夜疲れでぐったり。

エアコンのスイッチをオンにして、再び眠りに入り、次に目覚めたのは昼過ぎの大雨。

いやぁ、梅雨というよりは、9月の台風シーズンみたいですね。。。

などと思っていたら、結局日中は出かけそびれ、いつもの通り、夜ドラになる。でも、昼間はどの道も激混みしてたみたいだし、今回は日曜、月曜とも用事があって泊まりがけの遠出はできないから、これでもいいのかも。

と、むにゃむにゃ言い訳をしつつ、夜8時に出発。まずは尻手黒川を西進。新百合ヶ丘の脇を抜けて、いつもはここで津久井道に出るのだけど、今夜は麻生署前を直進して、平尾の団地地帯を走ってみる。

この天神通りって、何気にすごいワインディングなんですけど!とか、一人で悦に入りながら、ブォンブォンと走り抜け、鶴川街道に出るも、稲城高の辺りから多摩ニュータウン方面へ。でも、ここもすぐに逸れて、多摩大脇から川崎街道へ。

聖蹟桜ヶ丘へはまっすぐ。野猿街道へ左折し、何故かデミオと互角の勝負を繰り広げながら、16号まで。でも16号もちょっとだけ。すぐに413号から津久井湖方面へ。

いつもながら、ここで三ヶ木まで道なりに進むけど、ナビで見ると津久井湖裏の道が良さげだったので、ちょっと寄り道。ナビの見た目以上に手応えのあるワインディングなるも、街灯なし&樹木生い茂りであまりにも道が真っ暗だったので、大人しく通り抜けるだけにする。

しかし、多摩湖といい、相模湖といい、ここ津久井湖といい、なぜ湖近くにはこうも多いんでしょうねぇ、あれが? 留学中に日本人の誰かがアメリカ人に「日本には Making love専用の宿泊施設があるんだぜ」と説明したら、アメリカ人がすごい驚いてた、とかいう笑い話がありましたが、この光景を見せたら驚きも「さらに倍」になるんでしょうね。まあ、どうでもいい話ですが。。。

で、軽自動車(タウンボックス?)に煽られながらワインディングを抜けて、413号に復帰。三ヶ木で左折し、412号へ。ホントは412号をまっすぐ帰ろうと思ってたのだけど、ちょっとイヤな混み具合だったので、青山から道志みちへ。でも、すぐさま県道84号で宮ヶ瀬湖方面へ。

ここも結構なワインディンなんだけど、そして結構なペースで走ってたのだけど、割といいペースで2台の車が追ってくる。不慣れな道を飛ばすのもイヤだったので、その2台を先に行かせたのですが、何とミニバン!? しかもルーフボックスまでつけてたりして。。。 恐らく日常的に84号を走り慣れてる人たちなのでしょうが、かなりショックでした。

なので、その後はヤビツにも行かず、412号から相模原、淵野辺を抜けて、大人しく帰ってきました。

日曜も、月曜も昼間に用事が入っているので、この連休は夜ドラが中心になりそうです。さぁ、走るぞ!

って、やっぱ何か間違ってますかね。。。?(^^;
[PR]

by kcchicago | 2006-07-16 00:53 | Evo IX | Comments(0)


<< 鯵の塩焼き      Drivin' All... >>