それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 26日

ロマンティックからメルヘンまで

(バックデートで水曜日の日記を更新)

さて、代休なわけですが、やはりと言うか、確信犯的に寝坊をしてしまったために、出発は8時半。そして、当たり前のことながら、道路は朝のラッシュ。というわけで、そそくさとデニーズに退散し、まったり朝ご飯。水曜日でもそれなりにいました、デニーズでまったりしてる人たち。

で、表通りは避けて、ひたすら裏道を抜けて関越道まで。関越に乗ったら意外なほど空いていて、途中高坂SAで給油したほかは渋滞で止まることもなく、あっという間に渋川伊香保ICまで。ここから伊香保の温泉街を通りぬけ、榛名湖をまわりこんで西岸から北上する。

この途中のワインディングは素晴らしかった。水曜日の日中ということもあるのだろうけど、センターラインがきっちり区切ってあってエスケープゾーン(路側帯とも言う)がしっかり幅広く取られているだだっ広いワインディングなのに対向車も前走車も全くいない。鮮やかな緑に彩られた山道をしっかり楽しませてもらいました。

そして、長野原町から六合村へ。「くにむら」って、最初は読めませんでした。ちょうどここでお昼過ぎになったので、昼食を取りながら、またもやまったり。標高はかなり上がってきているはずですが、お構いなしの直射日光でこの辺りも相当暑いです。

昼食後は、いよいよ本日の目的地。草津の温泉街には一瞥をくれることもなく通りすぎ、292号から渋峠へ向かう。。。

そして。。。


絶景!

e0024426_19434740.jpge0024426_19444772.jpg



写真は最高位の碑がある位置から撮ったもので、下手っぴなのですが、本当はここに至る道中の景色の方が素晴らしかったです。樹木がほとんどないので視界が開けていて、一面に緑に覆われた山を綺麗に見通すことができます。雲が間近に迫る緑の高原を真っ赤な車で駆け抜けていると、まるでテレビCMの一場面にいるかのような幸せな錯覚を味わえます。

帰りは万座ハイウェイ、鬼押ハイウェイで一気に嬬恋、軽井沢と降りてきてしまったのですが、これは失敗。景色ははるかに292号の方が良かったです。観光で訪れる方は是非とも292号を草津方面から向かわれることをお勧めします。

さて。

軽井沢に着いたのが4時前。本日の目的は果たしたので、ここで真っ直ぐ帰っても良かったのですが、高速に乗って帰るとあまりにも早すぎるだろうということで、下道から甲府方面へ抜けてみようと思い立つ。

で、141号で佐久の辺りを下っているときに、ふと「そう言えば、近くに国道高位第二位の峠があったよな」と思い出す。せっかく第一位に到達したんだからついでに第二位も通っておくか、ということで、299号を右に曲がり、麦草峠へ。

e0024426_19524629.jpg

いやぁ、我ながらアホです。

で、勢いでここまで来たのはいいものの、麦草峠を越えると諏訪に出ちゃうんですよね。で、諏訪から高速に乗るのは何だかなと思い、うにうに裏道を抜けて小淵沢まで。ここで甲州街道に合流して甲府目指して走るものの、さすがに途中で力尽きて韮崎ICから中央道に乗って一気に帰宅してしまいました。

最後双葉SAでも給油。原油高などどこ吹く風、一日二度もハイオク満タンにして走りぬいた距離はおおよそ560~570kmほどになり、自宅にたどり着いたのは、夜11時をまわっていました。

ところで、タイトルの何がロマンティックで、何がメルヘンなのかと言うと、本日の前半に走っていた道(草津から軽井沢に抜ける辺り)が「日本ロマンティック街道」という名称で、後半に走っていた麦草峠の辺りが「メルヘン街道」なのです。でも、麦草峠なんて両側から草が生い茂って道に覆いかぶさってくるような山道で、当然街灯などなく、夜はお化けも見えないくらい真っ暗。こんなところに女のコを連れてきて「メルヘンだね」なんて言うと、引っぱたかれること請け合いです。だからこそメルヘンなのかもしれませんが。。。
微妙なネーミングセンスだ、ウーム。(-"-;)
[PR]

by kcchicago | 2006-07-26 23:59 | Evo IX | Comments(0)


<< ADVAN NEOVA AD07      明日は代休 >>