2006年 10月 14日

祝、全米Top1!

ビジネスウィークが2年に一度発表しているビジネススクール・ランキングで我らがシカゴGSBが見事第1位に輝いたようです。

ビジネススクールの一般的な認識としては(特に日本人の間のブランド人気という面では)、やはりハーバード、スタンフォードがダントツで、そこにウォートンも含めて「御三家」、その後はケロッグやMITが人気で、今ひとつシカゴGSBに対する認知度は低いのですが、我らがシカゴGSBは

・シカゴというビジネス都市の中心部に近い立地
・ノーベル賞学者を6人も輩出した優れた教授陣
・(Brochureの謳い文句としてではなく現実に)インターナショナルや女子学生の比率も高いDiversity溢れるStudent body
・入学当初から自分の志向に応じた学習計画を立てられる柔軟性の高いカリキュラム

等々の特徴的な面を持っており、何より素晴らしかったのは「自分のやりたいことを追求しなさい」と学生を後押ししてくれる校風と「そのためには自分の選択に責任を持ちなさい」という責任感、そして学生がいざ何かをやろうと思ったときにはそれを全て受け止めてくれるだけの豊富なリソースをスクール側が常に用意していたということでしょうか。

改めて、このような最高の環境で学べたことを誇りに思いつつ、そういった素晴らしい機会が与えられたことに感謝しつつ、おめでとう、シカゴGSB!
[PR]

by kcchicago | 2006-10-14 10:05 | MBA | Comments(0)


<< もみまん      体育の日特別企画 Hearty... >>