2006年 11月 22日

BUZZ FEITEN @Blue Note TOKYO

3夜連続夜遊びDaysの第二夜。

Buzz FeitenのバンドにMichael Tompsonがゲスト参加している形でのセッションを、南青山のブルー・ノート東京で聴いてきました。

シカゴにいたときは毎日のようにブルース・バーに通っていたのですが、帰国して以来エレキ・ギターの生演奏を聴くのは今夜が初めて。壁際のソファ席に座っていたのですが、壁や床が低音でズンズン振動する中、ひたすらギターの音に酔いしれてました。

しかし、アメリカのブルース・バーが気軽に寄れる大衆酒場であるのに対して、日本のブルー・ノートは結構な高級店になってしまってますね。もう少し気軽に寄れる感じだといいのだけど(まあ、そうすると常に満員で入れなくなってしまうかもしれませんが)。

p.s. 最近の一連の流れにブレーン参加して頂いている某氏に敬意と感謝の念を表して、今夜はVeuve Clicquotのイエローラベルを飲んでました。確かにおいしいのですが、ガンガン行くには度胸がいりますね。残念ながら、まだそこまでの甲斐性は持てず。。。ウーム。(-"-;)
[PR]

by kcchicago | 2006-11-22 00:02 | 音楽 | Comments(2)
Commented by R at 2006-11-23 09:56 x
お買い上げどうもありがとうございます。大変だったのよ。Blue NoteのBy the Glassとるの。
ま、外で飲むと高いので、クリスマスなどは手みやげにご利用いただけると良いかもしれませぬな。うふふ。よろぴく。
Commented by kcchicago at 2006-11-23 22:11
コメントさんくすです。
メニュー開いた一番最初のページにあったので、かなり目だってました。
確かに手みやげ用にはちょうどいいかもしれませんね。
機会があれば、またチャレンジしてみます。


<< 急に寒くなると      昼も夜も北品川 >>