2006年 11月 25日

いざ、江ノ島!

さて突然ですが、湘南モノレールに乗りに行ってきました。

何故私がモノレールに乗っているのかは、サイトの会社概要でも見て分かる人は「( ̄ー ̄)ニヤリ」としていただければいいのですが、このモノレール、結構面白かったです。

元々が懸垂形モノレール(上からぶら下がったタイプのもの)の試験線として始まった路線なので、わざとバリエーションに富んだ軌道を用意しており、大船駅をスタートするといきなり路線がグニグニ曲がっていて、その軌道に沿って車道や電線の上をかなりのスピードで突き進んで行く。と思ったら、今度はいきなりの急勾配。上って降りたらトンネルが待っていたり、途中急降下して車道と同じ高さを走ったり、江ノ島までの15分弱、初めて乗った人は飽きることなく楽しめるのではないでしょうか。

そして、江ノ島まで着いたので何となく散歩。でも、海により近い方に江ノ電の駅があるから、観光客はそちらに流れがちですね。木造っぽい観光情緒に富んだ造りの江ノ電の駅と、何故か道路をはさんだ奥のビルの5階にあるモノレールの駅では、残念ながら風情が違うかも。

それはそれとして、驚いたのは江ノ島駅周辺の観光客の多さ。明らかにオフシーズンであると思われる週末の4時前。なのに、この人だかりは一体?江ノ島から帰ってくる人はいいけど、続々と多くの人が江ノ島に向かっている。江ノ島には何があるのか?今日はイベントでもやってるのか?と興味惹かれるものはあったのですが、男一人で江ノ島に行くと寂しさのあまり死んでしまいそうなので、やめにしました。

帰りは、モノレールの軌道に沿って少し歩いてみようと、片瀬山まで歩き、そこからモノレールに乗って大船まで戻りました。車内は沿線住民と思われる方で結構な混み具合。生活の足としては完全に定着しているようで何よりです。

というわけで、湘南モノレール。皆さんも江ノ島まで行く機会があったら、是非片道だけでも乗ってみて下さい。意外と楽しめること、請け合いです。
[PR]

by kcchicago | 2006-11-25 20:46 | Days | Comments(0)


<< 旅先のうまいラーメン。      急に寒くなると >>