それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 10日

McCoy Tyner @Blue Note TOKYO

そうです。今日はこれがあったのです。

シカゴのJAZZ SHOWCASEで聴いて以来のMcCoy Tynerの生演奏をBlue Note TOKYOで堪能してきました。

当たり前と言えば当たり前ですが、さすがに今日は超満員でした。しかも他のお客さんは皆来るのが早い!開演の一時間以上前に行ったのですが、入場できたのはもう最後の方。良い席を取るには何時間も前から行って並ばないとダメなんでしょうね、きっと。結構でかいハコですもんね、ここ。

席に着いた後は軽くアルコールを飲みつつ、会話を楽しんむうちに公演開始。McCoy Tyner本人はステージに上がったかと思うと、間髪入れずに演奏開始。

相変わらず、弾き始めのその瞬間からカッコいい。特にジャズを語るボキャブラリーもない自分だけど、弾き始めからアンコールが終わる瞬間まで、そのシャープでカッコいい演奏にシビれっぱなしでした。上手に優雅にピアノ演奏できるプレイヤーは大勢いますが、あれだけカッコいい演奏ができるのは素晴らしいな、と思います。

そして、よく調べると2005年の年末にも来日してんだなと知って少し反省。もう少しマメにチェックして次の来日時にも必ず聴きに行くようにします。

Blue Note TOKYOを出た後は、表参道の中華料理屋さんで食事。店員の態度や物腰にはいたく不満が残りましたが、料理そのものは非常においしかったので良しとしましょう。

ところで、この日は、大学の同級生であり、シカゴGSBでは一年次違いで、帰国してからは輝ける戦略コンサルへと華麗なる転身を遂げたE氏&その妹さんと3人で行ったのですが、予約から何からE氏のお世話になり、ありがとうございました。非常に仲の良いご兄妹で、何だか兄妹デートに割り込んだような気になってしまいましたが、それはそれとして非常に楽しかったです。E氏からは「ご友人の方もご一緒に是非。」と言われたのですが、成し遂げられぬ我が身の甲斐性のなさを恥じつつ、「次回こそは」と固く誓うのでした。

というわけで、以下私信。

E氏へ。
本日はどうもお誘いありがとうございました。次回の鍋パーティー&いずれの日にかのCOTTON CLUBも楽しみにしていますので、また一緒に遊びに行きましょう!
[PR]

by kcchicago | 2007-02-10 23:52 | 音楽 | Comments(0)


<< 黒猫強襲      週末の足 >>