それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 05日

軽さは。。。

軽さはパワーであり
軽さは燃費であり
軽さは制動力であり
軽さは楽しさである

ということを実感しました。

昼前にチョロQ号で出発して、246を下り、412から宮ヶ瀬へ。道志みちに入ってから県道76号を北上。県道35号リニア実験線脇を通って139号。すぐさま県道24号で引き返して、また道志みちへ。山中湖にたどり着いたところで、まったりと休憩。

昨日と違い、本日は三国峠で246へ。相変わらず、この峠は楽しい。でも、調子に乗って大分3,000回転を超えてしまったかもしれない。

246に出た後は、大井松田から東名へ。東名は日曜夕方の大渋滞だったけど、Stop&Goを繰り返しつつ、無事に自宅に到着。まずは走行距離250kmほど。

夜になって、まだ走り足りないということで、夜ドラへ。一般道をウニウニ走って、多摩川沿いの道に抜け、ひたすら南下。途中で409と合流してもひたすら南下。川崎浮島ICから首都高湾岸線。

少し走って大黒PAで休憩。軽食コーナーは24時間空いてるんだ。知らなかった。。。

帰りは首都高から第三京浜に乗り継いで、川崎出口で降りる。そして無事に帰着。

エボのときと違って、チョロQ号は遵法的な速度で巡航しているときでも楽しい。4輪が地面に吸い付くようなエボの安定感と違って、軽くスキップしているような軽快さがある。もちろん、安心してスピードを出せるという意味では圧倒的にエボの方が上だけど、自分にはこちらの方が合っている感じがする。まだいける、もっと出せ、と車に煽られているような感じがしないのもいい。エボのときは少し運転が荒れていたし、このままだといずれ大きな事故を起こすんじゃないかという不安感が拭えなかった(これが買い替えの大きな理由の一つ)けど、チョロQ号なら無理ない範囲でいつまでも楽しめそうです。

というわけで、1,000kmまで、あと数十キロ。非常に微妙な距離です。今週は自動車通勤でもして、慣らし運転を仕上げるかな。次の週末には全開にできそうです。楽しみ。o(^ー^)o
[PR]

by kcchicago | 2007-03-05 00:23 | Colt VR | Comments(0)


<< めでたいことは続きます。      奥多摩-山中湖-湘南江ノ島 >>