2007年 03月 12日

『墨攻』

何も言わずに、行ってみましょう。本日一本目は『墨攻』。

あ、ちなみに本日のシリーズはネタ割れもあるかもしれませんので、これから観ようと思っている方は、御注意下さい。

で、申し訳ないけど素直な感想は、「これ、原作は面白いんだろうな」といったとこ。

墨子の理念である「兼愛」と「非攻」。戦争の理不尽さや、現実と理想の落差。一人の墨子の成長と挫折、それを乗り越えていくことを予感させるラストシーン。激変する環境の中でゆっくりと進むラブ・ロマンス。ただでさえ見せ場となる戦闘シーンがふんだんに出てくる分時間的には押されているのに、そこに複雑なストーリーのあやを全て盛り込もうとしたせいで、どうにも消化不良になっている感が否めませんでした。「この女優さん、可愛いね」と思ってたら、あんな展開になるし。

2時間しかない映画というメディアの性格を考えると、どれか一つの要素に絞って、勧善懲悪ものにしてしまった方がエンターテインメントとしては良かったのではないか、と思ってしまいます。戦闘シーンの展開にしても「『非攻』を旨とする戦略家」の素晴らしさがあまり伝わってこなかったし。

まあ、アンディ・ラウがひたすら男前なので、それでよしとしましょう。

ちなみに、この日の映画館は渋谷の『Q-AXシネマ』。渋谷区円山町のラブホテル街のど真ん中にあることを除けば、音響や照明等の設備の整った、非常にいい映画館でした。受付のお姉さんも可愛かったです。
[PR]

by kcchicago | 2007-03-12 01:10 | Days | Comments(2)
Commented by Ema at 2007-03-14 18:34 x
私は今、「墨攻」のコミックを一生懸命読んでます。
面白いっ!でも、これを映画にするとなると大変だろうなって
思います。
Commented by kcchicago at 2007-03-14 20:28
ストーリー的には詰め込みすぎですが、戦闘シーンは良くできていたと思います。
アンディ・ラウの男前振りだけでも観る価値はありますよ。


<< 『ドリームガールズ』      自動車部飲み会 >>