それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 02日

B/Sを重視するということ

さっきね、珍しく携帯に着信があったわけなのですよ。

んで、コールバックしてみたら、MBA仲間の某女史。背後にはパーティーを思わせる嬌声。「いやー、今お酒飲んでまーす」とご機嫌な様子。で、そんなご機嫌な中、何の電話かと思いきや、、、

「これからの企業は、P/LとB/Sのどちらを重視すべきか?」

いや、まあ、いいんですけど、何故楽しげなパーティーの席からそんな電話がかかってくるんでしょうか?これもMBAの性なのかもしれませんが。。。

で、答えとしては、別にP/LとB/Sのどちらか一方だけを重視するのではなくて、両方見なければいけない、ってことなんでしょうね。で、一般的にはP/Lのみが重視されすぎるきらいがあるので、もう少しB/Sにも目を向けてやらなきゃ、と。

前にも書いたと思いますが、経営とはあくまでB/S改善のゲームであって、P/Lは年次ごとの経過、過程でしかない。当然、P/Lが悪ければB/Sは好転しないのですが、P/Lを改善させるためにB/Sを痛めつけるのは本末転倒でしかない。

あ、でもよく考えたら、以前に某女史宅でパーティーやったときに、私と某氏がこの話題を熱く語ってたんでしたっけ?ウーム。(-"-;)
[PR]

by kcchicago | 2007-05-02 21:56 | 仕事 | Comments(2)
Commented by at 2007-05-04 11:57 x
その節はありがとうございました。。
はい、熱く語ってましたよ。かなり熱かったです。現場に出ている一営業マンの視点からも、この議論は(自分の中で)結構Hotです。また今度、ぜひおひとつ熱くお願いします。
Commented by kcchicago at 2007-05-04 15:05
某さん、こんちは。
この話題については、多分私よりも議論相手であったY氏の方が熱いのではないかと思われます。「有形無形問わず、全ての資産が将来に渡って生み出し得るキャッシュ・フローを現在価値に割り戻して計上することこそ、本来理想とすべきB/Sのあり方である」とか、二時間くらいは余裕で語ってくれると思います。
それよりも今度はマーケティングやマネージメントの理想につき、ご教示頂けると幸いです。


<< ポートフォリオ効果とシナジー      燦々と >>