それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 11日

泣けばいい

(こんなことを書くと、たまに誤解される方がいらっしゃるのですが、自分自身の周囲で何かあったわけではありません。あくまで一般論として書くものです。為念)

泣きたいときは泣けばいい、と思う。

例えば、大事な人を失ったとき。
言いようもない喪失感に襲われたとき。
身を焦がすほどの恋愛に破れたとき。
ただ泣くほかにどうしようもないとき。

そんなときは、ただ泣けばいいと思う。

ひょっとしたら、他人(ひと)は言うかもしれない。

「いつまでも泣いてちゃいけないよ」とか
「あなたが泣いてても、あの人は喜ばない」とか
「子供のためにも強くならなきゃいけない」とか。

でも、本当にそうなんだろうか?

無理に立ち直らなきゃいけないとか
無理に割り切らないといけないとか
忘れなきゃいけないとか
断ち切らないといけないとか

本当に泣きたいときは泣いてたっていいんじゃないか?

一日中でも
一週間でも
一年中でも
一生でも

それで貴方の人生がダメになるなら
そうならないように周りにいるボクたちが支えるよ、と

そう言いきれないのは、結局は周りにいる自分たちも、そんなには強くないからなのか?

強くないといけないのか
強くならないといけないのか

でも、まあ、そんな強い人たちはともかくとして

泣きたいときは泣けばいい
泣きたいときに泣けない人は
笑いたいときに笑えない人だから

泣きたいときは泣けばいい
最後には笑っていたいから
[PR]

by kcchicago | 2007-05-11 23:42 | Days | Comments(0)


<< 恋心(KOI-GOKORO)      克己と矜持 >>