2007年 07月 23日

それは、お前のビジネスか?

当事者意識という言葉では生ぬるい、所有者意識を背景にしたようなモチベーション。綺麗に言えば使命感。もう少し生々しく言えば、「オレのものだからオレがやる」という感覚。新規事業展開には、そういうモノが必要だろう。

それ以外に本日議論したこと。

・理想のエンジニアリング会社とは云々。そんな基本ができていないと、フロント・ローディングやコンカレント・エンジニアリングなんて所詮言葉遊びに過ぎないし、そういった意識があれば自ずと投下する資金に対するコストの感覚も持てるはず。米のBや、日本で言えば、NやTに加え、Cでさえも、その辺りの管理が本当にシビアになされているだろう、とか。

・「管理部門に言われたからやる」のではなく、自分自身のリスクヘッジだという意識が大事。

・以前にも書いたけど、円で調達して外貨で運用するという構図は円キャリートレードそのもの。金利差は為替リスクにまともにはね返ってくるので、これは決してアービトラージではない。

・「過去の事業部門の収益のブレから、(中略)賦課すればいいんじゃないですかね?」と言ったら、「異様に先進的だな」と返された。「でも、本当はそれが正しいんだろうな」とも。

・ポートフォリオ効果で死なずに済んでいるだけで、個別事業としては? ポートフォリオ効果に意味がないとは思っていないので、それはそれでいいのだけど、ポートフォリオの中にある意義を十二分に理解して、個別事業体としてはなし得ない成果を上げてほしいと思う今日この頃。全体がデカ過ぎるから誰も真剣に気にしていないけど、個別事業のリスクの高低はポートフォリオ全体の資本コストにも着実に影響を及ぼしているのですよ。

うーん、気付いてみれば全部似たような話か。まあ、いいや。日々、仕事をしているだけで、色々と勉強になります。
[PR]

by kcchicago | 2007-07-23 23:23 | 仕事 | Comments(0)


<< うまいぜベイビー      7631BBQ! >>