2007年 07月 28日

CARDENAS charcoal grill

「新しいスーツが間に合って良かったぁ。(^。^;)フウ」としみじみ思う金曜の夜、『炭火焼』という名のお店に行ってきました。

恵比寿の駅に着いたら、ちょうど西口前は盆踊りの真っ最中。綿飴や焼きとうもろこしに強く心奪われながらも歩を進め、お店に到着。このお店、恵比寿の中心部からは少し離れていて、それだけに落ち着いた場所にあるのですが、入口の外観はかなり迫力あります。

そして、エレベーターで地下に降り、入店。ニューヨーク・トライベッカを模した内装は非常に好評でした。

テーブルについて少し笑ってしまったのが、スターターのメニュー。Oさん、上手に食い込んでますね、と感心し、最初からそのつもりでもあったので、夏の間だけグラス単位でサーブされているVeuve CliquotのYellow Rabelを頼み、ワシントン産オイスター「クマモト」に舌鼓を打ちながら乾杯。

この間サーブ頂いたお姉さんの明るさが店の内装に輪をかけて大好評でした。いや、若干飛ばし過ぎかと思わせるハイテンションながらも、変に作ったような嫌味さがなく、そのお姉さんがテーブルに来て案内してくれるたびに自然と笑みがこぼれる感じでした。接客業の鑑のような人だと思います。

そして、その後、食べたのは

・マッシュトポテト(頼まなくても出てきます)
・佐賀牛のロース(「メニューに載ってない、ここだけの品ですよ」のセリフに負けました)
・本日入荷 函館港より直送の鮮魚(本日はメバルでした)
・シーザーサラダ

「所詮、佐賀牛は一口+α程度だろう」と侮っていたのが誤算の始まり。シーザーサラダとマッシュトポテトだけで、ややお腹が膨れ気味になり、メバルが出てきた時点で「これって、結構ボリュームあるよね」と言い、佐賀牛は「まさか、こんなボリュームで出るとは!?」というすごい量でした。

でも、佐賀牛、めちゃくちゃおいしかったので、ペロッと食べちゃったんですよね。一応ソースもついていたのですが、塩胡椒だけで十分に味付けしてあり、ちょっと噛んだだけで、じゅぅわぁ~と肉汁が出る感じにやられてしまいました。この肉を食べられるだけでも、ここに来る価値は十分にありました。

そして、この段階ではち切れそうになるくらいお腹いっぱい。「パスタ頼まなくて良かったよねぇ」と言い、デザートもスキップしてしまいました。(そして、件のお姉さんには「お腹いっぱいにさせ過ぎてしまって申し訳ありません。次回はデザートまで楽しんでいただけるように上手に案内します」と謝られてしまいました。もちろん食べ過ぎてしまったのはこちらの勝手なのですが、自身のサービスに誇りを持ち、責任を感じるその態度にプロフェッショナリズムを感じました。)

そして、この日、最も驚いたのが会計のとき。正直、「あれだけ食べて、この値段かよ」という感じでした。佐賀牛はliterally予想の倍のボリュームで出てきたわけですが、誠にリーズナブルなプライシングでした。確かにこのお店、CP高いです。
[PR]

by kcchicago | 2007-07-28 00:41 | Days | Comments(6)
Commented by やむ at 2007-07-28 05:50 x
恵比寿なら遠くない…いつ行きましょうか。(もはや行く事が前提)
Commented by kcchicago at 2007-07-28 07:36
じゃあ、次の木曜日にでも。。。(;^_^A アセアセ・・・
Commented by sugar at 2007-07-29 15:10 x
恵比寿のCardenasは5年前ぐらいからちょくちょくと行ってますが、毎回期待を裏切らないですよね。CPは高いのですが、「メニューに載っていない」ワインを頼み始めるとお会計は大変なことになります(笑)
Commented by kcchicago at 2007-07-29 16:02
sugarさん、こんにちは。
確かにワインをどんどん頼むと、すごいことになるかもしれませんね。
ほかにもsugarさんがいらっしゃるような良いお店があれば是非教えて下さい!
Commented by sugar at 2007-07-30 14:32 x
ぜひぜひ、今度おいしい店に行きませう!
Commented by kcchicago at 2007-07-30 20:47
うはは、楽しみにしてます。


<< 富士山      スーツ新調 >>