2007年 07月 29日

投票

「馬券を買わなきゃ楽しめない」と言うと、不謹慎ですが、国民としての権利を行使し、義務を果たすべく、参院選の投票に行ってきました。

経済政策の考え方としては、基本的に改革・解放路線なので、それだけ考えると自民党かな、とも思うのですが、どうにも自民党のやり方って、下手くそすぎる気がして好きになれないんですよね。あくまでも「国民のための経済政策」であってほしいので、改革・解放を押し進めるには、そこから生じる市場の失敗をしっかり抑え込み、きちんと国民一般が果実を得られるような進め方をしてほしいのに、ただ闇雲に解放するばかりで、全ての収益が海外に流れているように思えてならない。

おまけに、安倍政権もあまり好きになれない。国民の目は景気刺激や社会保障政策に向いているのに、憲法改正や教育改革ばかりを前面に押し出す辺りが、よく言えば貴族的、悪く言えば、結局は世間を知らないお坊ちゃんなのではないか、と。閣僚のメンツもボロボロだし、正直言って、あんな連中に憲法や教育を任せる気にはならない。まあ、安倍さんみたいな浮世離れした感覚を持った人は本来なら参院向きかなとも思いますが。

では、民主党がいいかと言うと、それも「ウーム。(-"-;)」なのです。そもそもアンタらのところは党としてまとまっているのか?単なる数合わせの寄せ集めに過ぎず、党としての主張もフラフラしてたり、分裂気味だったり。そもそも「小沢一郎がリベラル?」っていう時点で、何のポリシーも感じられず、政策も、目先の票集めのためのバラ撒きにしか見えない。

別に学会員ではないので公明党には興味がないし、社民党はいつまで経っても批判のための批判をしているようにしか見えないし。

個人的には、「社会保障制度の抜本改革のために全額税法式に移行し、消費税を大幅に増税します!」と言い切るくらいの覚悟を持った政党/政治家がいれば投票したいのですが、なかなかそれも難しいようです。

いっそのことネタ代わりにアルベルト・フジモリに投票しようかとも思ったのですが、やはり貴重な権利がもったいなかったので、各党の政策には目をつむって、近視眼的にではありますが勢力分布のあり方だけに着目して投票してきました。

今夜はビールでも買い込んで、テレビの前で投票速報を観戦(?)します。
[PR]

by kcchicago | 2007-07-29 15:59 | Days | Comments(2)
Commented by sugar at 2007-07-30 14:36 x
たしかに、根性のある政治家は皆無ですねぇ。私は積極的に投票権利を放棄しました。
消費税増税には大賛成で、一度破綻している年金は破産させてしまって、その処理に税金を投入。その後はDefined benefit→Defined contributionに完全移行してしまうのが綺麗なんでしょうが、今の政治では絶対に無理ですね。。
Commented by kcchicago at 2007-07-30 20:48
国民の反対も根強そうですからね。
もちろん消費税が上がるのもイヤですが、年金制度が破綻する方がもっと困る。。。


<< ギャラン・フォルティス      富士山 >>