それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 03日

世論が人質

最近のマスコミの報道内容は、あまりにも世論誘導的と言うか、空気や波を作ることにばかり血道を上げているような気がするのだけれど、最近は社会もちゃんとそれを分かっていて、いかに自分に有利なように世間の空気を作り上げるか、ということに腐心しているような気がする。

今日、先ほどヤフーにアップされたニュースを見て思ったけど、「確かに先にそう言われれば、こう言わざるを得ないだろう」というのがおそらくは国民の共通理解として存し得るのだろうとは思うけど、本当にそれでいいのか?

これはマスコミのレベルが低いのか?「こうすれば視聴率が取れる」とマスコミに思わせて、現にそうなってしまう視聴者のレベルが低いのか?対象になった事案では、人が一人亡くなっているのだが、こんな下らん世論誘導合戦の材料になるほどその人の命は安かったのか?

いずれにせよ、ワイドショーのコメンテーターが言っていることを無批判に真に受けるような人間にはなりたくない。最近の風潮には、少しうんざりだ。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-03 23:40 | Days | Comments(2)
Commented by kcchicago at 2007-09-03 23:52
直後の自己レスですが
本当にそれで美談だと言って涙を流せるのか?
本当にそれで社会正義だと一緒に憤慨できるのか?
それこそが素晴らしいことなのか?
それこそが許せないことなのか?

その根拠が、「テレビでいつも見てるあの人が言ってたから」とか、本当にそれでいいのか? と思うのです。

いいのかなぁ。。。?(-"-;)
Commented by うみ at 2007-09-05 21:26 x
そういえば、昔聞いた話ですが
政治がらみの大きい事件を隠すときには
どうでもよいようなニュースを大騒ぎするようです。
いいことをやっているのに
マスコミの書き方次第で変にゆがんで世の中に伝わってしまう。
操られると恐ろしいもの。
どれがホントで、自分がどう感じるかだけは
麻痺しないようにしないとなぁ。


<< 台風一過。      久々に裏ヤビツ。 >>