それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 13日

仕事の上で思うこと。

最近よく思うことをつらつらと書き連ねてみます。

・経営者、あるいは事業家にとって最も大事な資質の一つだと思うのが「当事者意識」。俗っぽい言い方をすると、「これはオレのビジネスだ」という意識。そしてそこから来る責任感と覚悟。いくら組織人として優秀でも、これがないと所詮歯車の一つ。

・コンプライアンス違反は純然たるマネージメント・イシュー。暗示的で逃げ道のない指示を出すことにより配下の人間を追い詰めていることに気付けない人間には、管理者たる資格はない。

・「現場を知る」という言葉に酔いしれて、現場の事情に流され過ぎていないか?

・管理部門の仕事は、営業部門が当たり前の努力を当たり前にできるように支援すること。決して、ウルトラCを編み出したり、不正な処理に目を瞑ったり、怪しいスキームの外面だけを綺麗に整えてやったりすることではない。

・例えばうちの会社にとって当たり前の努力とは、じっくりと要素技術を開発し、市場のニーズにあった製品化につなげ、その価値を顧客にしっかり認めてもらい、おかしなリスクを背負い込まないよう適正な契約を結び、大過なくプロジェクトを遂行し、顧客の満足を得るとともに社としてきっちり収益を上げること。我々はそのためにこそ努力すべきであり、裏道や抜け道やウルトラCを編み出すことに血道を上げるのは、時間の無駄である。

・入社して10年近く、「ウチは上司がバカだから」とか「上の頭が固いから」という愚痴やボヤキを聞く機会が多かったが、結論として、間違っているのは若手の方である事例が圧倒的多数。それは視野の違い。自部門や担当プロジェクトのことしか見ていない人間と、社全体のことを見ている人間と。ウチの会社の経営陣は、若手が思っているより、はるかに優秀ではないか。


いくつか矛盾することも書いていますが、これがここ最近の偽らざる本音かな、と。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-13 00:33 | 仕事 | Comments(0)


<< 『VOCALIST 3』      夜の羽田空港 >>