2007年 09月 16日

限定責任自己信託

最近、ぼけっと信託法関係の本を読んでいて、限定責任自己信託で何か面白いことはできないかなぁと思っています。

「スキームにウルトラCなどない」と言っておきながら、何ですが、日本初のカーブアウト案件が終わってからしばらく込み入ったスキームの話がなく、やや無聊をかこち気味だったので、財務の担当者として、たまには新しいこと(面白いこと?)に積極的に取り組まないと。

わざわざSPCや有限責任事業組合を作ったり、トラッキング・ストックを活用したりするよりも、色々と柔軟に決められれば面白そうです。

でもネタがないなぁ、と思っていたところ、ネタの方から飛び込んできてくれそうな気配も。やはり、担当業務以外にあっちこっちに首をさしはさむのが、面白い仕事に行き当たるコツのようです。

ただ、やっぱりスキームにウルトラCはないので、結局は事業そのものの採算性と、出資者同士の取り分を巡る綱引きによって、実質的なあり方が決まって、スキームはそれに使いやすいものを仕上げるだけにはなるのでしょうが。

というわけで、首を突っ込んで引っ掻き回した挙句、不採用になる、というのが最もありそうな結果かとは思いますが、せっかくなので色々と検討させてもらおうと思います。主担当の方、ゴメンナサイ。

そして、誰か自己信託を巡る会計と税務のあり方をレクチャーして下さい。御礼に品川丼をご馳走します。。。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-16 10:08 | 仕事 | Comments(0)


<< チャリダー初日      LANCER EVOLUTION X >>