2007年 09月 17日

麻布十番ギャル神輿

連休二日目もチャリダー。この日はポイントが多かったので、順を追って箇条書き。

・まずは朝からチャリで品川へ。所要時間2時間弱。既に披露困憊気味。

・品川に着いたところで某氏よりちょっと残念な電話。外野の意見よりも当人同士の気持ちが大切だと思いますよ。

・お昼御飯は最近よく行くタイ料理屋でガパオ。おいしかったです。

・足が回復しなかったので電車で麻布十番へ。ウェンディーズにて、(こちらも気付かなかったけど)隣の席に当方がいることに全く気付かずハンバーガーを貪り食うK龍さんや、1mの距離に我々二人がいることに気付かず「あれ?あの人たちはどこにいるんだろう?(・・?) 」という顔をしているMさんと合流。

・無事にYリーダーとも合流したのが集合時間15分前。言い出しっぺのHさんが来ていないのだが、集合時間頃には皆待ちくたびれていて、「Hさんとギャルとどっちが大事なんだ?」というリーダーの問いかけに、あっさりHさんを置いて出発。1分半遅刻しただけだったらしいのですが、Hさんが到着した頃には待ち合わせ場所には誰もおらず。

・麻布十番と言えば、「たい焼き3大有名店の一つがあるところですね?」というMさんのセリフに、まずはたい焼きの「なにわや」へ。一時間待ち!?に若干驚くものの、後からゲットしたたい焼きは美味。「オレは甘い物が好きなんじゃない。甘い物が大好きなんだ!」というMさんの名セリフも。

・そしてギャル神輿の本人登場。いつもはギャルなのですが、法被を着こなし、チャキチャキの江戸っ子になってて、結構びっくり。いや、こちらが本性なのか。

・そして何故か法被を着こなしたまま、アラレちゃんと化す本人。両手を横に広げて、「たったった」というリズムで駆ける姿を目撃したYリーダーが「アラレちゃんだ!?( ̄□ ̄;)!!」と衝撃を受けていました。(その姿は見逃しました。残念。)

・他の観客が連れている犬が何故か必死でずうっとビニール袋をくわえているのが、やたらと気になる。しかも時々キューンキューンと鳴きながら。K龍さんがビニール袋を奪い取ろうと試みるも、Yリーダーに阻止される。

・置いていかれたHさんも合流。この後、「人の話を聞かない」、「携帯の電源がいつも切れる」と一日中言われておりました。

・そして神輿見学。どうでもいいのですが、神輿を担いでいる人たちの背が一様に高く、それに連れて神輿が担がれている位置が異様に高くなってて、本人はぶら下がる形(?)になってました。

・しかし、全くの同年齢だと言うのに(「オレは21歳だ」と言い放ったHさんは別として)、神輿を担いでいるのは明らかにギャルである一方、観ている我々は明らかにおっさんでした。若いというのは年齢ではない、ということですな。

・場所を移して渋谷。ハチ公広場で自民党の政治家が誰か演説している模様。そして、広場にはものすごい数の警官。そして道にはすごい数のパトカー&特殊車両。とても偉い人が来ていたのか?

・ルノアールで少しだべった後、一旦離脱。

・品川に戻って野暮用をこなし、チャリをピックアップして、再び渋谷へ。所要時間一時間。まだ足が回復していない?

・お腹が減ったので、某ステーキハウスへ。「あ、何故先ほど別れた皆が!?( ̄□ ̄;)!!」、「何故、1階にK龍さんらしき店員が!?( ̄□ ̄;)!!」とお約束をしつつ、2階席へ案内される。「1階席が空くまで待ちましょうか?」という提案がHさんからなされるも「それよりお腹が減った」と言って2階席で食事。でも最後は制服姿で働くK龍さんを激写して解散。

・これでメデタシメデタシと思いつつも、これからチャリで帰らなきゃいけなかったんだ。。。渋谷から246を下って、多摩川を越えて、ひたすら自宅まで。所要時間二時間。もう完全にヘロヘロになっている証拠。

・やっと、自宅にたどり着いたのが夜1時前。もうあんまり若くないということですな。。。
[PR]

by kcchicago | 2007-09-17 10:25 | Days | Comments(3)
Commented by monky at 2007-09-17 21:11 x
もしや?と思っていたら、やはり自転車だったんですね!!
素晴らしい。

ここの日記が参加メンバーの中でも的確な報告書となってますねー。
Commented by ハッチ at 2007-09-17 22:19 x
携帯から入るのは慣れるまで難しいっすね!まぁ私は未だ若いから大丈夫ですが
Commented by kcchicago at 2007-09-17 23:31
> monkyさん
昨日はお疲れさまでした。
次こそ、ハーレーでの登場を楽しみにしています。

> ハッチさん
お疲れさまでした。
まあ、気持ちは若いということで。。。


<< ある日のドライブ計画      チャリダー初日 >>