それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 04日

無意味な質問 その①

何故か、この質問を大好きな人が世の中には結構いるようですが、聞かれると困るんですよね。

「あなたは犬派? それとも猫派?」

何でこの質問、二者択一なんでしょうね?個人的には、どちらも好きなんですが。それも、かなり好きなんですが。

で、「どっちも大好きだよ」と答えると、「それはズルイ」などと言われたりするのです。

その前にお前答えろ。何故、二者択一なんだ?何故、どちらかを選ばないといけないんだ?何故、両方取るという選択肢は認められないんだ?

まあ、どうでもいい話なのですが、世の中には、本来なら二者択一でも二律背反でもないはずの事象を取り上げて、「どちらか選べ」と迫ったり、「どちらか選ばないといけない」と悩んだりしてる人が多いような気がするんですよね。

どちらも取る、という選択はあってもいいんだろう。
[PR]

by kcchicago | 2007-11-04 01:40 | Days | Comments(2)
Commented by うみ at 2007-11-04 18:28 x
どっちも好きなんだけど
自分が犬的か猫的かって聞かれると
きっと犬なんだと思います。
人は、犬的な人と猫的な人と2つに分けられるんじゃないかと
密かに思う今日この頃・・・。
Commented by kcchicago at 2007-11-05 01:48
世間一般には、男性が犬的で、女性が猫的な気がしますけどね。
と、余計なことを言っては「男女差別だ」と怒られたりするわけですが。

でも、これって本当に「どちらかを選ばないといけない」話なんですかね?
類似の質問で、「大型犬と小型犬、どっちが好き?」とか、「純血種と雑種はどっちが好き?」とかいうのも困るんですよね。どっちも好きなんだってば。

ちょっと例は変わるけど、もっとtouchyな質問だと「子供が生まれるとしたら、男の子と女の子のどちらがいい?」とか、実際にはどちらが生まれても可愛がるはずなのに、何故そんな質問をしたがるのかは、よく分からないところです。


<< 無意味な質問 その②      『モネと画家たちの旅』 >>