2007年 11月 13日

何故勉強しなければいけないのか?

例えば子供向けの絵本を作るとして、当然ながら主人公はその絵本を読むであろう世代の子供にするのだけど、いい絵本を描くコツは、物語のキーパーソンとして魅力的な大人を登場させることにあるのだという。

最近、政治の世界のあちらこちらで教育問題が論じられていて、教育特区でのバウチャー制度や、教員免許の更新制や、ゆとり教育の見直しなんて制度論が語られているけれど、それぞれは細部の各論としては正しいのかもしれないけど、今ひとつ物事の本質であるような気はしない。

そもそも、子供世代から「何故、ボクは勉強しないといけないの?」と問われたときに、何と答えるべきか?

「勉強しないと立派な大人になれないからだよ。頑張って勉強して、オレみたいな立派な大人になれ。」って、胸を張って子供に答えられる大人があまりにも少ないんじゃないか?

教育問題は、単なる制度論ではないし、子供世代の問題でもない。子供世代に目指すべきゴール、目標とすべき立派な人間像、そういったものを自分自身を範として提示できない我々大人世代の問題ではないか?

残念ながら今の自分には子供なんていないわけだけど、将来もし子供を持つことができて、その子に「頑張って勉強しろ」と声をかけるのであれば、せめて自分自身は子供が頑張った先にゴールとして迎え入れてあげられるだけの立派な大人でありたい。最近の上っ面だけの論争を見て、そういう思いを新たにする日々です。
[PR]

by kcchicago | 2007-11-13 23:20 | Days | Comments(4)
Commented by うみ at 2007-11-15 00:06 x
あ、頭の痛い質問ですね。
どういう子に聞かれたかによって答える方法変えると思いますが、私は
「今学んでいること、そのことは大人になったら必要ないかもしれない。
 けど、1つのことを学ぼうとして努力すること
 (努力してできたという成功体験も含む)
 分からないことをどうやって解決したらいいかと考えること
 すべてのことは将来のあなたに必要ないかもしれないけど、
 今学んだ中に、あなたがもっと学びたいものが見つかるもしれないから
 いろんな分野の基礎を学ぶんだよ。」
って答えるかなぁ。・・・難しい。
Commented by kcchicago at 2007-11-15 22:55
答え方は当然人それぞれだと思うのですが
人に対して「頑張れ。」って言うからには
「頑張った先に何があるか?」ということを見せてあげないといけない気がするんですよね。
まあ、何になりたいか、どこに行きたいか、は人によって違うんでしょうけど。
Commented by みずぼうそう at 2007-11-19 00:21 x
子供を持ってみて初めて教育問題の奥深さを思い知る・・・。
そもそもあたし自身、何の目標もなく大学行って普通にOLになった人間だから、小さい時にもっと「学ぶ」「働く」という事について真剣に考えればよかったなぁと今更ながらに思います。
子供に「なんで勉強せないかんのか?」と尋ねられたら、多分答えられないかもしれないなぁ。
子供がそういう疑問を持つ前に「こういう人になりたい!」って思って、夢を持ってくれてそれを叶えるにはどうすればいいの?っていうふうに持って行けたら、親としては楽かなぁ。
色んな体験をしたらいっぱい考える子になってくれるかな♪
Commented by kcchicago at 2007-11-19 00:44
当たり前の日常を幸せに過ごしている人こそ立派な大人で
そうなるためにこそ勉強しなければいけないんだよ
ということを身を持って子供に示せればいいな、と思うのです。
頑張るお父さんお母さんの背中を見て、Y君もきっと立派ないい子に育ちますよ!


<< 風の力を感じるとき      予行演習 >>