2007年 11月 13日

風の力を感じるとき

先週の広島に引き続き、本日は横浜の工場に出かけてきました。

最近は猫も杓子もエコブームで、風力発電なんかもよく報道で取り上げられるのですが、ヴェスタスやGEと並んで世界市場でまともに戦える日本の風車メーカーってうちだけだよな。とか密かに思っていたりするわけです。

で、今日は横浜でその風車の工場を見てきました。

実は風車の羽根は海外で作っていたりするので、横浜では、「ナセル」と呼ばれる、発電機を抱え込んだ風車の中心部しかなかったのですが、いやぁ、でかいのなんの。「1MWは小型だから」とか言われつつ、何十トンもあるナセルをこれまた超バカでかいクレーンで持ち上げて工場から岸壁へ運び出す様は圧巻でした。

ああ、現場楽しい。超楽しい。

その他にも色々面白いものを見せてもらいました。やっぱり、こういうのがあるから、この会社やめられません。面白すぎ。
[PR]

by kcchicago | 2007-11-13 23:33 | 仕事 | Comments(2)
Commented by MONKY at 2007-11-14 23:19 x
風車の工場・・・面白そうですね~。
1MWで小型!?
Commented by kcchicago at 2007-11-14 23:46
迫力あって面白かったですよ。
大型のは2.4MWあるそうです。
いずれは、実際に現地で羽根を取り付ける工事風景なんかも見てみたいものです。


<< 見あげてみよう みんなの空      何故勉強しなければいけないのか? >>