2008年 01月 12日

馬鹿につける薬

下二つのエントリで書いたような話をしていると、たまに「儲けるためには手段を選ばないことが、厳しいプロとしての矜持だ」と、誇らしげに話す馬鹿がたまにいる。

お前、本当にアホか?と。

手段を選ばずに儲けるなんて、そこいらで詐欺師やら犯罪者やらがやっている話で、そんな安易な選択に流されて何がプロか?お前のプロフェッショナリズムはそんなに下らないものか?

プロなら手段を選べ。その上で、儲けろ。

「儲けるためなら手段を選ばない」というのも、「正しいやり方でやってるから儲からないんです」というのも、どちらもプロじゃない。

手段へのこだわりと、儲けと、ときに二者択一で語られるその両方を追求する、厳しい道を選んでこそのプロだろうが。

馬鹿につける薬はない。
[PR]

by kcchicago | 2008-01-12 22:22 | 仕事 | Comments(0)


<< ビジネスマンに最も求められる資質      「儲ける」ということ >>