2008年 02月 11日

空中浮遊を体験しに

と言っても、シャクティパットの力で座禅を組んだまま空を飛んだわけではありません。

午前中は、先週中に送られてきた資料を添削したり、色々バタバタしていたのですが、午後になってぽっかり予定が空いた(と言うより、やろうと思っていたことをやる気が完全に失せた)ために、仕事の関係で一度は乗らねば!と思っていたLinimoこと東部丘陵線に挑んできました。

出発したのは、12時半過ぎ。3連休でも中日だし、こんな季節だし、絶対東名も空いているはずだぜ、と思いきや、大井松田IC先の分岐路で、右ルートは雪により閉鎖、左ルートは事故で大渋滞、という悲しい事態に。「あーあ。」と思いながら分岐手前の右車線で渋滞にはまっていたら、雪で閉鎖されていたはずの右ルートが突然開通。左ルートではまっている人たちを尻目に大渋滞をパス(右ルート開通前に左ルートを強制されて渋滞に捕まった人たちはきっと激怒していたと思うけど)。何だかんだで5時前には名古屋ICへ。

そして藤が丘駅近くに軽やか号を止め、早速、東部丘陵線に。これって、元々、愛・地球博の会場まで来場客を運ぶために作られた路線なんですよね。詳しい論評は差し控えますが、路線近くを車で走るとよく分かる、FSのいい加減さ。作った人が作りたかったんだろうなぁ、ということは容易に推察できますが・・・。

それはそれとして、Linimo自体の感想を。


まず、中に乗ってみて。

・車輪がなく、磁気の力で宙に浮いている分、通常の鉄道やゴムタイヤ車両(「ゆりかもめ」みたいなヤツね)より静かであることは確か。少なくともガタガタゴトゴトという騒音は一切ない。

・その帰結として振動もない。

・でも、代わりに「フィーーン」という、モーターかファンの作動音が耳につく。実は通常の鉄道でも同じような音はあるのかもしれないけど、Linimoではそれ以外の騒音がないため、この音が意外と気になる。

・駆動部の抵抗が少ないのか、モーターの特性なのかは分からないけど、トルクの立ち上がりが推進力に結びつく過程が普通の鉄道よりも急な感じがする。トップスピードに乗るまでの時間が短い印象。発進・停止時のGは通常の鉄道並にはかかる。

・自分は意識していたから上記のことに気付いたけど、何も意識せずに乗ったら、普通の鉄道やゴムタイヤ車両との違いに気付かないんじゃないだろうか?


次に、外から走る様子を眺めていて。

・とにかく静か。圧倒的に静か。中にいると、あまり恩恵を感じられないけど、外から聞いていると、タイヤが発する不快な騒音・振動が一切なく、Linimoの静粛性は際立っている。住宅やオフィスが密集する市街地を走る路線には、この静かさは間違いなく強みになる。


あとは、知っていた知識の確認として。

・非常にRのキツいカーブでも曲がることができる。はなみずき通駅と、杁ヶ池駅の間に、軌道が90度近く湾曲しているポイントが二箇所あって、通常の鉄道では絶対に曲がれないところも曲がっていく。

・急勾配に強いのも確かな模様。


でも、全体的に乗っていて面白いのは、こちらの方かな。まあ、こっちは壮絶にうるさいですけどね。(^^;

というわけで、技術的にはそれなりに面白かったです。

そして、6時過ぎには名古屋の地を後に。「あ、しまった。きしめんも、天むすも、世界の山ちゃんも食べてないや。( ̄□ ̄;)!!」というのは高速に乗ってから気付く。上郷SAで何とか味噌カツにありついて、11時過ぎに自宅着。(実は昼食も足柄SAでカツ丼だったので、一日二回もカツ丼を食べたのは内緒。そのうち食生活の偏りで本格的に身体を壊しそうだな。_(^^;)ゞイヤー)

9時間かけて往復して、現地滞在は1時間ちょっと。総走行距離は680km。年末年始の帰省後、しばらくロング・ドライブから遠ざかっていたので、ちょうどいいリフレッシュになりました。軽やか号も納車一年で15,000kmを突破。あまり距離は伸びていないけど、これからもっと乗るかな。12ヶ月点検にも持って行かないとな。。。

e0024426_042872.jpg
藤ヶ丘駅で購入したLinimoチョロQ。
一つ1,000円なり、なのできっと20代の頃なら手が出なかった高級品です。
カッコええです。
[PR]

by kcchicago | 2008-02-11 00:49 | Colt VR | Comments(2)
Commented by みずぼうそう at 2008-02-11 22:56 x
チョロQかっこい~(・o・)
車・電車好きな悠太さんにはもってこいの品だわ。
でもkcさん、名古屋まで行って何も食べずに帰るなんてホントものすごいもったいない!!
おいしいものがいっぱいあるのに~。
日帰りで行ける距離なんだ?軽やか号ならではなのかな。
Commented by kcchicago at 2008-02-12 00:21
中の座席もしっかり作ってあるし、そもそも結構大きいんですよね、これ。
今のところ、日本で実際に乗れるリニアモーターカーって、このLinimoくらいなので、乗り物オタクにはたまらない路線ですよ。
名古屋は次回訪問したときには「コメダ珈琲」にチャレンジしてきます。って、関東にも進出してるけど・・・。


<< 六花亭ベビーチョコ      2月の猫 >>