2008年 12月 14日

夜のお試しドライブ

昔はナビを毛嫌いしていた自分ですが、エボ9の頃からナビを使い始めて以来、ナビなしでは運転できない身体になってしまいました。(^^;

①自分が現在どこにいるのかを把握する、②知らない道でも道探しに気を取られることなく安全運転に専念できる、というのが大きな理由でしょうか。特に首都高は、いつも通るルート以外は、ナビなしだと怖くて運転できません。

そんなナビは、3年前にエボ9に乗り始めたときに購入したものですが、たった3年の間にもあっちこっちの道が工事で変わってしまって、今ひとつ用を為さなくなってしまったので、今回ナビディスクを更新してみました。

新たなディスクはこれ。今までのがTypeIII Vol.1だったので、気づけば4つもバージョンが上がっていました。これまでは一枚のディスクに全データが収録されていたのですが、データ内容が増えたために、地域ごとに3枚のディスクに分かれています。

水曜に新ディスクが手許に届いたので、昨晩は夕食がてらお試しドライブ。

データとプログラムが若干更新された程度なので、画面の見た目はほとんど変わっていないのですが、案内されていて気づいたのは、ナビの「声」が変わったこと。これまでは20代後半くらいのお姉ちゃんの声だったのが、40代前半くらいのしっとりした女性の声に変わりました(と言っても、合成音声だとは思いますが。元はサンプリングしてるんでしょうかね?)。以前の声は、若干キンキン響くきらいがあったので、特に疲れてる時なんかは、このしっとりした声の方がありがたいです。

また、おまけでこんなものもインストールしてしまいました。(;^_^A アセアセ・・・

まあ、最近はオービスに引っかかるような速度では運転していませんし、最初から安全運転に徹すればいらないかとも思ったのですが、走ってみて感じたのは「思ったより安全運転に寄与する」ということ。オービスポイントの1.5~2kmほど手前からアラームでうるさいくらい警告してくれるので、「知らない間にスピードを出し過ぎていた」という事態を防いでくれます。特に夜中の高速なんかでは、全く飛ばすつもりがなくても気づいたら速度を出し過ぎていたということがままあるので、今後なより一層安全運転を心掛けたいと思います。(決して、「心おきなく飛ばすためのツール」として導入したわけではありませんよ。為念。(^^;))

久々に行った夜のシオヤは静寂に包まれて良い感じ。行きは湾岸方面下道経由、帰りは柏ICから首都高を使って、200kmほどのテストドライブでした。
[PR]

by kcchicago | 2008-12-14 08:40 | Colt VR | Comments(0)


<< こんな一日。      カレー食べ放題? >>