2008年 12月 23日

M-1

今さらながらのエントリですが

多くの人が書いているように、一番面白かったのはオードリーの1本目でした。途中で噛んでしまったことすらネタだったんじゃないかと思えるほど、ボケと突っ込みの息が合っていて、大笑いしてしまいました。なのに、2本目の特に後半1、2分は、空気と勢いだけで笑いを持っていこうとして、二人の絡みもあまり合っておらず、残念でした。敗者復活と1本目にエネルギーを注いで、2本目の練習はあまりできていなかったのかもしれませんが。たらればの話ですが、2本目のクォリティでも最終決戦に残れたのではないかと思うだけに、ネタの順番を入れ替えていたら、彼らが優勝したのではないでしょうか。

NON STYLEは、そういう意味で、1本目・2本目とも安定した漫才で、スピード感とテンポがばっちり決まり、それでいて全くのノーミスだったので、優勝も成程という感じです。

話芸として最も上手だと思ったのは、やはりナイツでした。会場のお客さんが若い人に偏らず、全世代のお客さんが来ていれば、彼らが最も受けたのではないでしょうか。寄席で鍛えただけはあります。ただ、2本目があまりに1本目に似過ぎていたのと、肝心のボケを言い間違えたりするミスもあって、最終決戦は残念な感じでした。

ダイアンと笑い飯は、少なくとも去年よりは面白かったです。

キングコングは全くダメでしたね。ネタの流れやボケ方も去年とほぼ同じで、お笑い番組はM-1しか見ない自分ですら、少し飽きが来てしまった感じです。

ザ・パンチは見ている4分間が辛くなるほど理解不能でした。あのネタでも、呼吸が合って、場の空気が暖まっていれば、笑えるものなんでしょうかね?

でも、総じて言うと、去年のM-1より面白かったです、去年笑えたのは、サンドウィッチマンだけでしたから。やあ、しかしもう年末ですね。
[PR]

by kcchicago | 2008-12-23 10:30 | Days | Comments(2)
Commented by モンキー at 2008-12-23 11:44 x
今年は見られなかった~。

去年のサンドウィッチマンは面白かった!
Commented by kcchicago at 2008-12-24 00:08
ありゃ、それは残念。
今年の方が全体的に面白かったですよ。


<< 最長記録      クリスマス・パーティー >>