それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 18日

うまいもの巡り

e0024426_10564472.jpg
待ち合わせの間にスペシャル・ショートケーキ
(後で食べ過ぎで腹痛を起こす遠因に。。。_(^^;)ゞイヤー)

e0024426_10582100.jpg
ランチは東陽町の『ビストロ フォンテーヌ』。
このくらいの気取らないお店がもっと近所にあると素晴らしいのですが。
写真は「牛すね肉のトマト煮込み」です。

年明け初めて会うメンバーに今さらながら「明けましておめでとうございます」の挨拶をしながら、ランチ後は表参道へ移動。これまたメンバーの某氏が働いているお店で、普段の自分なら絶対に出会うこともないだろうデザインの靴を購入。

その後は、今さらながら初めて表参道ヒルズへ足を踏み入れる。人の流れを上手に誘導できる建物の作りに感心する。

e0024426_1144938.jpg
晩ご飯は麻布十番の『十六夜』。
写真は右から、比内鶏のもも、鶏のハラミ、ささみのわさび梅、レバー、ボンジリ

某氏と二人で看板娘に会いに行って空振ったのですが、それを忘れてしまいそうなくらい、料理がおいしかったです。

まず生ビールのきめ細やかなを泡を見ただけでも、他のお店との違いは歴然。

料理も非常に手間をかけてじっくり調理されたと思われるものばかりで、写真に挙げた串も、いずれも絶品。今まで「地鶏って、固いだけじゃないの?」と思ってましたが、本当においしい地鶏を食べていなかっただけでしたね、というのを思い知らされました。レバーの焼き加減も見事。某氏曰く、「弱火で時間をかけて本当にじっくり焼いたんだろう」とのこと。舌にざらつく感じも全くなく、レバー嫌いの人でも何本でも食べられるのではないか、と思うほど。写真には載せていませんが、鴨のフォアグラとバナナの串も、ここに行ったらぜひ食べてみて下さい。

その他、板うにやさつま揚げもおいしかったのですが、一口食べて笑いが止まらなくなったのが、「イベリコ豚の西京焼き」。どれだけ手間をかければ、あれだけおいしくなるんですかね?今まで食べたことのあるイベリコ豚の中で、一番おいしかったのは間違いないです。

と、満足してお店を辞した後、休みにも関わらず看板娘が出てきてくれたので、3人で四方山話をしながら、麻布十番で飲んでいました。

ああ、でもどれだけカロリーを摂取したんだろう。また走らないといけませんね。。。
[PR]

by kcchicago | 2009-01-18 11:16 | Days | Comments(2)
Commented by かおりん at 2009-01-19 14:58 x
満足して頂けたみたいで安心しました♪

また突っ込んだお話ししようねん☆
Commented by kcchicago at 2009-01-19 22:57
どの料理もおいしくて、びっくりしたよ。
また寄らせてもらいます。
そして、また皆で飲みに行こうね~


<< 小田急沿線 うまいもの探し      思い出 >>