それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 08日

製造業派遣を禁止すべきか否か

昨夜ボケっとNHKの討論番組を観て


・自営業のK田さんグッジョブ。でも、この人NHKの用意したサクラじゃないかと思ってみたり。強い人から見ると、弱い人のことがもどかしく思えるのかもしれないし、「強くなれ」と言うのはいいと思うけど、だからと言って「弱い人間は皆死ね」とは言えないのが辛いところです。(もちろん、K田さんもそんなことは全く言っておらず、「自分を信じて頑張れば何とかなるし、そうやって生き抜かないといけないのが現実の世の中だ」というのが発言の趣旨だとは思いますが。)

・キッコーマンの副会長もいいけど、実際に派遣を切った会社の経営者を連れてこないとバランスの取れた議論にならないのでは?まあ、誰も出演しないだろうけど。

・閉鎖経済を前提にすると製造業派遣を禁止すべきなのかもしれないけど、現実には開放経済なので、禁止したくてもできないというのが正しいところかと。

・「派遣は自由な働き方の選択肢」という発言には、やはり大きな疑問符が付きます。就職氷河期世代では他に選択肢のなかった人も多いでしょうから。

・「同一労働同一賃金」を謳うのであれば、正社員と非正規雇用の人たちの間だけでなく、日本の労働者と発展途上国の労働者との間でも同じ問題が発生することを考えないといけない。何故、全く同じ仕事をしているのに日本の労働者に10倍の賃金を支払わなくてはいけないのか?製造業派遣を禁止すると、べき論はともかくとして、あっという間に雇用は海外に流出するだろう。恐らくはそれが現実。

・そもそも日本の製造業は利益の大半を輸出に頼っている企業が多い。収益を海外市場から掠め取っているのに、雇用はすべて国内で、というのは客観的にはバランスを欠いた話。正確な統計がないと分からないけど、ここ10年で日本国内では非正規の雇用が増える一方で、日本の製造業は海外の特に発展途上国でそれを上回る雇用を生み出しているはず。

・とか言うと、「お前、それでも日本人か?」とよく言われるのですが、その意見を突き詰めると、この問題は「正社員と非正規雇用」という国内労働市場の問題ではなく、「海外の労働者を切り捨ててでも、日本国内の労働者を保護すべし」というナショナリズムでしかないように思えます。もちろん、私は日本人なので、ナショナリズムも大事ですが、それは経営判断とは少し次元の違う話ではないか、と。

・「雇用維持のために内部留保を吐き出せ」というのは、気持ちは分かるけど、現実的には不可能。そもそも内部留保=キャッシュではないし、経営者が内部留保を好き勝手に処分できるものでもない。単なる雇用維持のための雇用だとすると、付加価値につながらない投資に他ならないから、そんなことをすると、投資家はものすごいスピードで逃げていく。これは経営者の人間性とは別次元の問題。

・それはそれとして、雇用をおろそかにする製造業は10~20年後には生きていられないのでは?日本の製造業の強みであった絶え間ないカイゼンなんて、労働者を使い捨てにする環境では維持不可能だろうし、今歯を食いしばって雇用を確保できる力のある企業とそうでない企業の優勝劣敗は、長期的に明らかになってくるのではないでしょうか。

・政府にできることと言えば、製造業派遣の禁止より、セーフティネットをどれだけ拡充できるかということだと思います。番組内でも色々意見が出ていましたが、喫緊の課題としては住居の確保と、製造業以外のサービス業へ転身できるような職業訓練が肝要かと。そのためには財源も必要だし、給付金なんぞバラまいて選挙対策していられる状況でもないはずですが。。。

・ワークシェアリングを導入するには、その前提として「サービス残業の撲滅」を徹底する必要があろうかと思います。そうしないと、単なる賃金切り下げの口実にされるだけですから。

・あとはスキルを可視化する仕組みでしょうか。単純に言うと、「資格を取れ」みたいな話なのかもしれませんが、勤務先が変わっても自分の能力を客観的に証明する仕組みを全国共通で作っておくという。

・改革派の経済人が「自己責任」を口にすると鬼か悪魔のような印象を受けてしまいますが、先にも少し触れたように、開放経済を前提に「同一労働同一賃金」を突き詰めると、日本国内の単純労働市場は将来的に駆逐されかねないので、何らかの付加価値を身につける努力は不可欠だろうし、「努力しようと思ったときに努力できる仕組み」が必要かな、と。


以上、取り止めもない感想ですが。
[PR]

by kcchicago | 2009-02-08 11:21 | 仕事 | Comments(4)
Commented by tarou_kouno at 2009-02-09 14:44
残業代ゼロでも働いちまいます。
うちの場合はボス達が年寄りだから…
「もう金いらんわ!」と思ったりする(^_^;)
最近だんだんと悟りを開きつつあるのかもしれん(^^ゞ
Commented by kcchicago at 2009-02-10 22:48
サービス残業の最大の罪は、経営者から見て正しいコスト情報が
把握できなくなることなのではないか、と思うのです。
業務プロセスのどこにコストがかかっているのか分からなくなる。

たろーさんが時間をかけて働いているということを認識してもらうのは
結局はボス自身のためにもなるのではないかと思います。
Commented by tarou_kouno at 2009-02-13 09:17
仰るとおりですm(__)m
まあ~、ワタクシの場合は…

老い先短い老人のための福祉ですわ(^_^;)
Commented by kcchicago at 2009-02-14 23:19
高齢化社会ですからね。
色々と、ご苦労さまです。<(_ _)>


<< オペレーショナル・レバレッジ      デキるビジネスマンのデスク >>