2005年 09月 16日

新規ビジネスと既存ビジネス

「黒田さぁ、新規ビジネス立ち上げに力入れるのもいいけど、年100~200億の事業をどうやって300~400億のビジネスに育て上げていくかを考えるほうが、会社にとってはよっぽど重要なんじゃないか?」

とは、同じ会社に勤め、GSBの先輩でもある某氏のお言葉。他に日本の銀行から新興の金融機関に移ったり、ずっと外資系の金融機関で働いてたり、年齢層もバラバラ(と言うか上の人ばっかり)の仕事では普段顔を合わさない人たちとの飲み会の片隅で交わされた会話。

「例えばうちの会社で数十億まで落ち込んだあのビジネスが今500億まで息を吹き返してるよな?あれだってうちの社内にいたオレたち(GSB)の先輩がやってるんだぜ。」

と、その後は輸出戦略とM&Aの関係に少し話が及ぶ。

まあ、書きたいことは多々あれど、もう少し自分の中で考えがまとまってから。自分自身の身の振り方(転職という意味ではなく、社内でどう動くか)ということを、もう少し具体的に考えてみる必要があるか。
[PR]

by kcchicago | 2005-09-16 23:52 | 仕事 | Comments(0)


<< 伊豆での研修      衆議院議員選挙開票速報 >>