「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Evo IX( 77 )


2007年 01月 14日

別離

思い起こすと、出会ったのは帰国してからまだ日も浅かった一昨年の夏。MBA取得という一つの節目を終えて、これからどう仕掛けていこうかと仕事に対する期待を膨らませる一方で、プライベートにも新たな展開がほしいなと、そんなことを考えていた時期だった。

決して一目ぼれだったわけではない。もちろん出会いに対して昂揚する気持ちはあったが、自分の置かれた環境や将来の生活設計も考慮に入れた上で、きっと長くいい付き合いができるだろう。そう判断して踏み出したはずだった。

とは言ってみたものの、いざ一緒に過ごし始めた時間は、まさに「熱に浮かされた」としか表現のしようがないものだった。週末はもちろんのこと、平日も夜通し共に過ごすこともしばしばであり、しばらく会えないときは、まるで半身を削られたような思いにもとらわれたものだ。そして、またともに過ごす夜を経て、「オレの相手はコイツしかいない。」 そういう思いを強めていった。

しかしながら、濃密過ぎる付き合いは、それ故にお互いの小さな欠点にも目を向けさせてしまうものかもしれない。距離を保っての付き合いであれば、気付くこともなかったであろう、ほんのささいなこと。笑って済ませながらも、心の一点に引っかかった何かは、徐々にではあるけれど、決してその影を隠すことなく、気付けば大きなしこりのようになっていた。

いや、それは本当は相手に対する不満ではなく、相手に合わせようと背伸びをし過ぎた自分に疲れただけのことなのかもしれない。最後まで、相手は自分の気持ちを口にすることはなかったけれど。


・・・


というわけで、この一年半、旅に遊びに帰省にと、相棒として大活躍してくれたランサー エボリューションIXを手放すことにしました。車の性能に対しては全く不満はなかったのですが、自分の中で車との付き合い方に関するスタンスが変わったのが、エボを降りる最も大きな要因でしょうか。「30,000km近く走ってるのにこんなに綺麗な車は見たことがない」とディーラーさんに言ってもらって、聞いてビックリの超高額査定で引き取られていきました。実は、去年の夏にも買取査定額を出してもらったことがあるのですが、今回の査定額はそれを上回っていました。IX MRの新車がハケてしまって、市場に4G63を積んだCT系エボの供給が少なくなっていたことも、高額査定につながったものと思われます。534日と29,192km。短いながらも濃密な時間でした。

p.s. 今後はしばらく大人しくしていますが、来月半ばを目処に復帰予定です。NAでも良かったのですがターボにしてしまいました。当然MTは譲れません。さすがにAWDはなくなりましたが。このブログを御覧の皆さまは、暖かくなったら、また一緒に遊びに行きましょう。
[PR]

by kcchicago | 2007-01-14 23:44 | Evo IX | Comments(10)
2006年 12月 17日

ある晴れた日に

12月だと言うのに、珍しく暖かかった。

今シーズン、山を走るのもこれが最後になるかもしれません。

写真
上段:今日の山中湖はさわやかに晴れ渡ってました。
下段:西側にまわりこんで富士山を眺める。変なところにすごい道があるもんだと感心。

e0024426_20145222.jpg
e0024426_20151058.jpg
[PR]

by kcchicago | 2006-12-17 20:22 | Evo IX | Comments(2)
2006年 12月 11日

久々の夜ドラ

このブログをずっと御覧の方は「ウソつけ!」と思われるかもしれませんが、実は夜ドラは久々なのです。

もちろん、日中からドライブに出かけて帰りが夜になることは、最近でも度々、と言うか毎週末のことではありますが、今日みたいに完全に夜になって、晩御飯も食べ終えてからドライブに出るのは本当に久々のこと。

246から二子玉川方面へ抜け、多摩川沿いを北上し、懐かしの成城の裏道を通り、世田谷からいつの間にか東八道路へ。そして小金井街道から新青梅街道へ出て、西へ西へ。これまた懐かしの武蔵村山市民会館前を通って折り返し。青梅街道の細い道を通って、再び新青梅街道。ここから府中街道⇒東八道路⇒三鷹通り⇒狛江通り⇒世田谷通りと走って、瀬田道側で多摩川を渡って帰宅しました。

いや、ドライブって本当にいいもんですね。。。
[PR]

by kcchicago | 2006-12-11 00:12 | Evo IX | Comments(0)
2006年 12月 03日

宮ヶ瀬 再チャレンジ

昨日渋滞にハマったの妙に悔しかったので、本日再チャレンジしてきました。

いやぁ、いつも無料駐車場の方にしか車を停めていなかったので、有料駐車場の奥がこんなバカでっかい公園になってるなんて全く知りませんでした。

駐車場から入ってすぐがビジターセンターになっていて、その並びにお土産屋さんや既に常設店舗と化した出店っぽいお店が何十軒も軒を連ね、肝心の公園そのものは目玉になる樹齢80年を超えるモミの木(これがクリスマス・イルミネーションになる)があり、その前がだだっ広い広場、奥には噴水もあって、湖をまたぐ大型の吊り橋もある。その他にも、敷地内を走るロードトレインやら、遊覧船乗り場やら、野外音楽堂やら、グラススライダーやら。なかなか侮れません、宮ヶ瀬湖。

そして、園内はカップルと家族連れで満員。クリスマス・ツリーが点灯するまで一人でいると、きっと空しくて死にそうになると思ったので、夕方前にはそそくさと退散してしまいました。あのモミの木の前にある「幸せの鐘」を鳴らす日を夢見つつ。

そして、3時半頃には既に駐車場渋滞が始まりかかっていました。きっと12月24日の夜はすごいことになるのでしょう。

上段は入口から眺めた広場とモミの木。下段はその奥にある噴水です。
e0024426_2184455.jpg
e0024426_219941.jpg
[PR]

by kcchicago | 2006-12-03 21:07 | Evo IX | Comments(2)
2006年 12月 03日

宮ヶ瀬トラップ

またハマってしまった。。。

昨日は久々にエボをディーラーに持っていって、何故か鎖骨を骨折していたディーラーさんと「今度出たコルトのMTモデルは車重1トン切りましたね」とか「MRは綺麗に完売しましたよ」とか、しばし話しこんだ後、特に予定もなかったので、これまた久々に宮ヶ瀬でも行ってみようかと思ったのですよ。

去年のクリスマスは何も知らずに行って、大渋滞に巻き込まれてしまったのですが、「さすがに今年のイルミネーションはまだだろう」とタカをくくっていたら、何とちょうど土曜日が点灯式だったのですね。。。

というわけで、今年も一人むなしくクリスマス渋滞にハマってしまいました。仕方なく、エボではあんまり通りたくないヤビツ峠を抜けて、そそくさと帰ってきましたが。ま、この時期の宮ヶ瀬は昼間じゃないと走れないですね。。。
ウーム。(-"-;)
[PR]

by kcchicago | 2006-12-03 10:43 | Evo IX | Comments(0)
2006年 11月 27日

エボ9 完売!?

画面右側の「リンク」のところをクリックして気付いたのですが、エボIX MRは完売したのでしょうか?

であれば、めでたいことですね。IXのときは結構在庫が残ってたみたいですから。

そう言えば、ここのとこ街中を走っていると、やたらとIXもしくはIX MRが目につくようになりました。この間は、結構な老夫婦の方が乗っておられました。いくつになっても好きな方は好きなんですね。以前には40代くらいの方が奥さんとお子さん二人を乗せてファミリーカーとして使っている場面にも遭遇しましたし、自分が思っている以上にユーザーの年齢層は高いのかもしれません。

で、メーカーのサイトを見ていて気付いたのですが、コルトのマイチェンでNAモデルにMTが追加になったようです。どうも装備を見ると、商用グレードのようではありますが、1.3ℓではなく、1.5ℓのみにMTを追加する辺りがワケ分からなくて、いい感じです。外観だけVRに似せたRXなんてグレードも出るようですし。

エボにずっと乗っていたいとも思う一方で、ぶっ飛ばすよりも長距離ドライブが主体の今の楽しみ方だと、燃費がいいコンパクトの方が合ってるかな(いずれにせよ、MTは必須)とも思ったり、なかなか悩ましいところです。

来年早々には次期ランサーが発表になり、これにはラリーアート・モデルもあるとの話ですし、何気にアイにも興味があったり、結構浮気性な自分を感じる今日この頃です。

ま、いずれにせよ、エボ完売めでたし。ユーザーの皆さまに多謝。といったところでしょうか。
[PR]

by kcchicago | 2006-11-27 00:09 | Evo IX | Comments(2)
2006年 11月 05日

筑波山 夜景スポット

正確には加波山側ですが。。。(;^_^A アセアセ・・・

しかも真昼間に行ってきたので、夜景なんて見えないわけですが。。。(;^_^A アセアセ・・・

というわけで、連休最終日はネットで話題の筑波夜景スポットに行ってきました。

何があっても渋滞にはハマるもんか、と思っていたので、首都高に乗るのも最寄の用賀ICからではなく、わざわざ浮島ICまで行って湾岸線に乗り、ひたすらナビの指示を無視し続け、11号も9号も飛ばしてC2へ。何気にC2からの眺めって視界が開けていて好きなんですよね。

で、6号から常磐道に入り、谷和原ICで降りる。

ここから時間がかかるかなと思っていたら、どこまでも信号に引っかからず60km/hくらいのペースで流れていく。ホントにあっという間に、上曽峠に到着。

この上曽峠の頂上手間から左に巻き込むように、細い舗装の山道が続いていく。この幅じゃ、すれ違うのは大変だなと思っていたら、次々と対向車が。(T-T) ここはハンググライダーの発着場になっているようなのですが、ちょうど今日のフライトを終えた人たちが降りてくる時間帯にぶち当たってしまったようです。ウーム。(-"-;)

そんなこんなで、目当てのスポットに到着! でも、まだハンググライダーやってる人たちがわらわらいるので、その辺にエボを停めるわけにも行かず、ちょっと離れた場所でまったり。

眺めはさすがに絶景!でした。

でしたが、高所恐怖症の自分には視界が開けすぎていて、少し怖かったです。確かに夜ここに来たら、夜景はため息が出るほどきれいなのかもしれませんが、それまでの道中、あの狭い道を全く明かりもないまま上ってきて、足元が見えない状態でここにいるのは、かなりチャレンジングなような気がします。

で、本日はここまで。

帰りは千代田石岡ICから常磐道へ。で、首都高はやはり6号⇒C2⇒湾岸と来て、最終的には1号羽田から降りて帰ってきました。ちなみに、途中から渋滞を避けるためにグニグニ裏道を走っていたら、246を全く通らずに自宅にたどり着くことに成功しました。やっぱり、オレはナビよりも道に詳しいかも('-'*)フフ などと思う日々です。

走行距離は控えめに280km。この3連休は(中日にサボったので)計700km弱ほどでした。
[PR]

by kcchicago | 2006-11-05 20:18 | Evo IX | Comments(0)
2006年 11月 04日

秩父鉱山跡地

連休初日は皆さまのご想像に違わず、エボ9で出撃してきました。

本当は今シーズン最後(と言ってもこれで2回目になる計算ですが)の渋峠に行こうかと思ったのですが、家を出たのが8時過ぎで、ラジオからは関越33kmの渋滞情報が。関越が渋滞しているなら17号BPも期待薄だし、当然ながら中央や東名もダメ。

そこで渋峠はサクッと諦めて、下道主体のドライブに。

久々に尻手黒川を新百合ヶ丘まで抜けるルートを取り、そこから津久井道を西へ。相模原は上溝を抜けて宮ヶ瀬湖へ。でも、宮ヶ瀬湖の無料駐車場は「宮ヶ瀬フェア」なるイベントのために満車。宮ヶ瀬をパスした後は県道から道志みちへ。でも、道志みちも渋滞。いや、道志で渋滞なんて初めて見た。なので道志みちもパスして牧馬峠へ。

牧馬⇒秋山⇒奥牧野と、峠道をつなぐ道を西へ西へ進み、上野原から甲州へ。でも、当然ながら甲州街道もパスして上野原五日市線で北へ。五日市側へ出ようかとも迷うが、途中で上野原丹波山線へ乗り換えて小菅村へ。そこからは139号、青梅街道で都心方面へ逆戻りするような形。

ここまででも結構走っているが、時間はまだお昼の1時。まだまだ行けるぜ、ってことで、青梅街道を軍畑から北へ折れ、名栗村は山伏峠を越えて299号へ。途中バイクの兄ちゃんたちがストップウォッチでタイムを計測してました。って、連休の真昼間にやっちゃマズイでしょ、いくら何でも。。。

道の駅あしがくぼで遅めの昼食。名物らしい「ずりあげうどん」、お味の方は。。。

気を取り直して299号をガンガン西へ。途中で何故かシルバーのプレジデントが前を走っているのに気付く。こんな山道でプレジデント!?しかも何気に結構速い。

こちらは志賀坂トンネルの手前で中津川を通って大滝村へ抜けるルートを選択したのだけど、そのプレジデントも同じ方向へ。いや、普通その車でそんなところへは行きませんって。

で、ちょっと怖かったので途中で一休みして間を空けてから、再びGo!と思いきや、この道かなり手ごわかったです。

道幅としては1.5車線くらいで、それはまあ、この手の道としては可もなく不可もなくなのですが、何と対向車がめちゃくちゃ多い!道の先に秩父鉱山があるから最初は観光車なのかなと思っていたけど、どうも生活道路としてのルートになっているようです。でも、大滝村側から志賀坂峠へ抜けてどこに行くんだろう、この人たちは?で、道中、道を譲ったり譲られたりしながら、時にはコペン(軽自動車でちっちゃくてカワイイ)とすれ違えずにガクブルしたりしながらも、ついに秩父鉱山跡地へ到着。

ここはその手の人たちには有名なところなのですが、かつて日窒の鉱山として栄えた場所で、峠道に沿ってひたすら無人の廃墟跡が続く迫力のある場所です。ただ、一部現在でも稼動している施設があり、居住している方もいるので、車を停めてじっくり観察するのは失礼だなと思い(観光に来るだけでも十分失礼ですが)、そそくさと通り抜けてきました。

しかし、廃墟群の中で明かりのついている建物があったり、打ち捨てられた施設の合間に今のタイプの車が停まっていたり、人の存在を感じさせるものがあるとホッとしますね。

鉱山跡地を抜けた後は、道の脇で「しし汁」を売っているテントを発見。テントの中にいろりまであって、しし汁をおいしく堪能しました。

その後は秩父市内でこれでもかという渋滞に巻き込まれながらも嵐山小川から関越に乗って帰宅。およそ400km程度のドライブでしたが、相当「走った感」のあるドライブでした。そして本日も出撃、明日も出撃、の予定です。
[PR]

by kcchicago | 2006-11-04 09:56 | Evo IX | Comments(0)
2006年 10月 29日

昼間のシオヤ

裏は断崖絶壁っぽくなっていて、意外と迫力があるとかないとか。

でも、昼間に行く場所じゃないですね。

往復の道がひどい混雑で、行って帰ってくるだけで8時間ほどかかってしまいました。。。(-_-;)
[PR]

by kcchicago | 2006-10-29 11:33 | Evo IX | Comments(0)
2006年 10月 22日

目黒通り最強説

これまで都心に出るのは、246か東名から首都高3号線が多かったのですが、今日は瀬田に出たところで環八を少し南下し、目黒通りを使って山手通りまで出てみました。

いや、目黒通り最強。

ほとんど渋滞することなく、信号に引っかかることすら稀で、あっという間に山手通りまで出てしまいました。

そしていつも通り品川。

今日はインターシティで昼食を取って、久々にファイナンス理論関連の本を購入。

本を読んでたら頭痛がしたので、サクッと帰宅。

帰りも目黒通りを使ってみる。

往路と比べると、渋滞は相変わらずないけれど、信号に引っかかる率が高い。
あと、環八に出てから瀬田までの混み方がひどい。環八を使わずに、目黒通りをまっすぐ突っ切って、多摩川沿いを北上して二子玉まで出るのが吉か?でも、駅周辺や246への合流も混むしなぁ。。。
[PR]

by kcchicago | 2006-10-22 20:14 | Evo IX | Comments(0)