それからの日々

mdne.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Evo IX( 77 )


2006年 07月 26日

ロマンティックからメルヘンまで

(バックデートで水曜日の日記を更新)

さて、代休なわけですが、やはりと言うか、確信犯的に寝坊をしてしまったために、出発は8時半。そして、当たり前のことながら、道路は朝のラッシュ。というわけで、そそくさとデニーズに退散し、まったり朝ご飯。水曜日でもそれなりにいました、デニーズでまったりしてる人たち。

で、表通りは避けて、ひたすら裏道を抜けて関越道まで。関越に乗ったら意外なほど空いていて、途中高坂SAで給油したほかは渋滞で止まることもなく、あっという間に渋川伊香保ICまで。ここから伊香保の温泉街を通りぬけ、榛名湖をまわりこんで西岸から北上する。

この途中のワインディングは素晴らしかった。水曜日の日中ということもあるのだろうけど、センターラインがきっちり区切ってあってエスケープゾーン(路側帯とも言う)がしっかり幅広く取られているだだっ広いワインディングなのに対向車も前走車も全くいない。鮮やかな緑に彩られた山道をしっかり楽しませてもらいました。

そして、長野原町から六合村へ。「くにむら」って、最初は読めませんでした。ちょうどここでお昼過ぎになったので、昼食を取りながら、またもやまったり。標高はかなり上がってきているはずですが、お構いなしの直射日光でこの辺りも相当暑いです。

昼食後は、いよいよ本日の目的地。草津の温泉街には一瞥をくれることもなく通りすぎ、292号から渋峠へ向かう。。。

そして。。。


絶景!

e0024426_19434740.jpge0024426_19444772.jpg



写真は最高位の碑がある位置から撮ったもので、下手っぴなのですが、本当はここに至る道中の景色の方が素晴らしかったです。樹木がほとんどないので視界が開けていて、一面に緑に覆われた山を綺麗に見通すことができます。雲が間近に迫る緑の高原を真っ赤な車で駆け抜けていると、まるでテレビCMの一場面にいるかのような幸せな錯覚を味わえます。

帰りは万座ハイウェイ、鬼押ハイウェイで一気に嬬恋、軽井沢と降りてきてしまったのですが、これは失敗。景色ははるかに292号の方が良かったです。観光で訪れる方は是非とも292号を草津方面から向かわれることをお勧めします。

さて。

軽井沢に着いたのが4時前。本日の目的は果たしたので、ここで真っ直ぐ帰っても良かったのですが、高速に乗って帰るとあまりにも早すぎるだろうということで、下道から甲府方面へ抜けてみようと思い立つ。

で、141号で佐久の辺りを下っているときに、ふと「そう言えば、近くに国道高位第二位の峠があったよな」と思い出す。せっかく第一位に到達したんだからついでに第二位も通っておくか、ということで、299号を右に曲がり、麦草峠へ。

e0024426_19524629.jpg

いやぁ、我ながらアホです。

で、勢いでここまで来たのはいいものの、麦草峠を越えると諏訪に出ちゃうんですよね。で、諏訪から高速に乗るのは何だかなと思い、うにうに裏道を抜けて小淵沢まで。ここで甲州街道に合流して甲府目指して走るものの、さすがに途中で力尽きて韮崎ICから中央道に乗って一気に帰宅してしまいました。

最後双葉SAでも給油。原油高などどこ吹く風、一日二度もハイオク満タンにして走りぬいた距離はおおよそ560~570kmほどになり、自宅にたどり着いたのは、夜11時をまわっていました。

ところで、タイトルの何がロマンティックで、何がメルヘンなのかと言うと、本日の前半に走っていた道(草津から軽井沢に抜ける辺り)が「日本ロマンティック街道」という名称で、後半に走っていた麦草峠の辺りが「メルヘン街道」なのです。でも、麦草峠なんて両側から草が生い茂って道に覆いかぶさってくるような山道で、当然街灯などなく、夜はお化けも見えないくらい真っ暗。こんなところに女のコを連れてきて「メルヘンだね」なんて言うと、引っぱたかれること請け合いです。だからこそメルヘンなのかもしれませんが。。。
微妙なネーミングセンスだ、ウーム。(-"-;)
[PR]

by kcchicago | 2006-07-26 23:59 | Evo IX | Comments(0)
2006年 07月 23日

さくらの山

(ようやく今日の日記に追いついた。(^。^;)フウ)

中途半端な天気の日曜日。あまり遠くに出かける気もせずに、普段は夜ドラでまわっているコースを昼間に通ってみることにする。

というわけで、先週と同様、多摩川沿いをひたすら南下して、浮島ICから湾岸線へ。微妙な天気で微妙な時間だからか、思ったより空いている。そして、サクッと千鳥町で降りて、県道を北上し、印ドトまで。

日中はさすがに印ドトも混んでいるので、給油してコーヒーだけ買って、久々のシオヤへ。昼間来たのは初めて。トラックや仕事中のバンが数台停まって昼寝をしている他は誰もいない。昼食も取らずにここまで来たので、チーズバーガーと天ぷらうどんを食べて、それでもおなかが減ったいたので、チョコあ~んぱんを購入。何ともジャンクな昼飯。

まだまだ時間はあったので、帰り際に成田空港近くの「さくらの山公園」に立ち寄る。ちょうど滑走路の北辺に接する高台の公園。感覚的には頭上スレスレと思えるほど近くをジャンボ機が通りすぎ、着陸して行く。

一分間隔で着陸、離陸、着陸、離陸。ホントに着陸した飛行機が滑走路からそれたと思ったら、同じ滑走路を使って別の飛行機が飛び立っていく。よくあんなの精密にコントロールできるもんですね。

で、しばらくぼけーっと飛行機を眺めた後は、成田ICから高速に乗ってまっすぐ帰宅。およそ6時間、250kmほどのプチ・ドライブでした。
[PR]

by kcchicago | 2006-07-23 21:45 | Evo IX | Comments(0)
2006年 07月 17日

死角から刺客

昨日の夜もやはり走りに出て、印ドトでまったり夕食を取ったあと、利根川を越えて牛久や筑波学園都市を目指して、ひたすら茨城県を北上していたわけです。

筑波学園都市は普通の街中の道なのに、皆さんバイパスよろしくかっとんでいました。途中で思い切り軽トラにぶち抜かれました。特攻服を来て蛇行運転をしている、図鑑で見かけるような典型的な暴走族もいました。関係ないけど、あちらこちらで山田うどんを見かけたのも印象的でした。茨城県恐るべし、です。

そして、この連休で気付いたことと言えば、異様に捕物が多いことでしょうか。

多分、連休なのでサンデードライバーが多いことと、警察が連休中の事故を気にして警戒態勢を厳重にしていることがあるのだと思います。いつもよりパトカーが多いのに加えて、絶対に飛ばしてはいけないところで飛ばしているドライバーが多く、あえなく御用となっているようです。

連休前ですが、木曜の夜には目の前で捕物がありました。浮島から湾岸線に乗ろうと思って、409号先の工場地帯を走っていたときのこと。知ってる人は知ってると思うのですが、あそこはトレーラーでもガンガン走れるように幅の広い2車線がひたすらストレートになっていて、対向車線とは高速の橋脚で仕切られており、歩行者や自転車が横断することも考えにくい、いわゆる飛ばしやすい道になっています。

自分は単に夜ドラを楽しんでいただけなので、60km/hもないペースで右車線を走っていたのですが(このときそう言えば、橋脚の間に白いセダンが一台停まっていました)、そこを左車線から猛烈な勢いで抜き去っていく一台の青い車が。多分、少し古めのプジョーだと思いますが、彼は順調に飛ばしていきます。そして、それに触発されたかのように一群の車が。その中に真っ白なクラウンセダン。

いやぁ、白いクラウンなんて覆面かと思っちゃうね、と後ろからのん気に見ていたら、そのクラウン、プジョーの右後ろにぴったりつけて、赤灯をまわし始めました。ホントに覆面だったんですね。

で、ポイントは「右後ろにぴったりつけて」という部分。本来速度違反を取り締まる際には、パトカーは赤灯をまわした状態で対象車両を20秒(30秒だっけ?)ほど追尾して、速度を計らないといけないというルールがあって(法律か内規かは忘れましたが)、バックミラーをきちんと見ていたら、取り締まられる前にパトカーが後ろにいることに気付くはずなのですが、「右後ろにぴったり」つけられてしまうと、ミラーの視界からは死角になってしまうのです。

というわけで、プジョーよ、さようなら。急いでいたはずの彼は捕物帖の一頁を飾ることになってしまったのでした。

昨日も首都高で捕まっている車が多数。確かに警察の取り締まりは理不尽に感じることもあるかもしれないけど、基本的にルールは守るべきだし、首都高での取り締まりは飛ばすと本当に危ないところできちんと取り締まっている感もあり、やはり皆さん、ルールを守って安全運転で連休中のドライブを楽しみましょう。と、たまには優等生になってみます。
[PR]

by kcchicago | 2006-07-17 09:20 | Evo IX | Comments(2)
2006年 07月 16日

津久井湖、相模湖、宮ヶ瀬湖

せっかくの連休初日ですが、朝は7時に目覚めたものの、熱帯夜疲れでぐったり。

エアコンのスイッチをオンにして、再び眠りに入り、次に目覚めたのは昼過ぎの大雨。

いやぁ、梅雨というよりは、9月の台風シーズンみたいですね。。。

などと思っていたら、結局日中は出かけそびれ、いつもの通り、夜ドラになる。でも、昼間はどの道も激混みしてたみたいだし、今回は日曜、月曜とも用事があって泊まりがけの遠出はできないから、これでもいいのかも。

と、むにゃむにゃ言い訳をしつつ、夜8時に出発。まずは尻手黒川を西進。新百合ヶ丘の脇を抜けて、いつもはここで津久井道に出るのだけど、今夜は麻生署前を直進して、平尾の団地地帯を走ってみる。

この天神通りって、何気にすごいワインディングなんですけど!とか、一人で悦に入りながら、ブォンブォンと走り抜け、鶴川街道に出るも、稲城高の辺りから多摩ニュータウン方面へ。でも、ここもすぐに逸れて、多摩大脇から川崎街道へ。

聖蹟桜ヶ丘へはまっすぐ。野猿街道へ左折し、何故かデミオと互角の勝負を繰り広げながら、16号まで。でも16号もちょっとだけ。すぐに413号から津久井湖方面へ。

いつもながら、ここで三ヶ木まで道なりに進むけど、ナビで見ると津久井湖裏の道が良さげだったので、ちょっと寄り道。ナビの見た目以上に手応えのあるワインディングなるも、街灯なし&樹木生い茂りであまりにも道が真っ暗だったので、大人しく通り抜けるだけにする。

しかし、多摩湖といい、相模湖といい、ここ津久井湖といい、なぜ湖近くにはこうも多いんでしょうねぇ、あれが? 留学中に日本人の誰かがアメリカ人に「日本には Making love専用の宿泊施設があるんだぜ」と説明したら、アメリカ人がすごい驚いてた、とかいう笑い話がありましたが、この光景を見せたら驚きも「さらに倍」になるんでしょうね。まあ、どうでもいい話ですが。。。

で、軽自動車(タウンボックス?)に煽られながらワインディングを抜けて、413号に復帰。三ヶ木で左折し、412号へ。ホントは412号をまっすぐ帰ろうと思ってたのだけど、ちょっとイヤな混み具合だったので、青山から道志みちへ。でも、すぐさま県道84号で宮ヶ瀬湖方面へ。

ここも結構なワインディンなんだけど、そして結構なペースで走ってたのだけど、割といいペースで2台の車が追ってくる。不慣れな道を飛ばすのもイヤだったので、その2台を先に行かせたのですが、何とミニバン!? しかもルーフボックスまでつけてたりして。。。 恐らく日常的に84号を走り慣れてる人たちなのでしょうが、かなりショックでした。

なので、その後はヤビツにも行かず、412号から相模原、淵野辺を抜けて、大人しく帰ってきました。

日曜も、月曜も昼間に用事が入っているので、この連休は夜ドラが中心になりそうです。さぁ、走るぞ!

って、やっぱ何か間違ってますかね。。。?(^^;
[PR]

by kcchicago | 2006-07-16 00:53 | Evo IX | Comments(0)
2006年 07月 13日

Drivin' All Night

Doubleの『Drivin' All Night』をBGMに久々の平日夜ドラ。

ただ、あまり遠出もできないので、409号をずっと下って大黒ふ頭へ。

この前、大黒ふ頭に来たのは、まだロードスターに乗ってた頃だっけ。下手すると5年振りかそれ以上になるくらい。普段のドライブでは湾岸線を使うことはほとんどないし、わざわざここで休憩することもないもんね。

で、久々の大黒ふ頭、木曜日の夜は以前の賑わいが嘘であるかのような、静かな、そしてきっと大多数の人にとっては平和な夜となっていました。

その後、新山下で湾岸線を降りて、山下公園の脇から、桜木町を通り、横浜上麻生線、第三京浜脇、中原街道、尻手黒川といつもの通りを抜けて帰ってきました。

いつも山にしか行かないので、横浜方面、海沿いの道はよく分かっていなかったのですが、ようやく道のつながりが分かりはじめてきました。中原街道から第三京浜を抜ける道を中心に、横浜上麻生、1号、15号辺りを軸に考えれば、まずはメインの流れを抑えられそうです。で、そこに慣れたら次は、それらを縦横につなぐ産業道路を使う、と。

これでマイスターへの道も近い! かな。。。
[PR]

by kcchicago | 2006-07-13 23:56 | Evo IX | Comments(0)
2006年 07月 09日

信玄丸祭り

無事に走行距離2万キロを突破した記念に、12ヶ月点検にいつものディーラーに行ったところ、ディーラーさんでは「信玄丸祭り」開催中でした。果たして信玄丸とは何ぞや?と思ったのですが、ショールームの中で「信玄丸」と名づけられた黒柴がお客さんに愛想をふりまいていました。要はディーラーさんが自分の飼い犬を連れてきただけ、とも言う。。。ウーム。(-"-;)

でも、黒柴は大人しくてカワイかったです。色んなお客さんに可愛がられてぐったりしていましたが。(^^;

さて、車の方は点検してもらって、もちろんエンジン、ミッション、ブレーキ等々に不具合はなかったのですが、やはりタイヤはお亡くなりに近いようでした。ネットで「エボ9の純正タイヤは1~2万キロでなくなる」と書いていて、「そんなに早いはずないだろ」と思っていたのですが、エボ純正のADVAN046はコンパウンドが柔らかいことで有名なタイヤのようです。そのおかげで、あの鬼グリップもあるのでしょうが。。。

ちなみに046はまともに購入すると、一本3万円台半ばということで、代替で046を購入するお客さんはほとんどいない、とのこと。多くはNEOVAを買うそうで、確かに主たる用途がツーリングであるなら、NEOVAでも十分かなと思う次第です。でも、やはりネットで評判がいいRE-01Rを試してみたい気もあるし(これも相当高そうですが)、ちょっと悩んでみようかと思います。

あと、今日は作業に時間がかかったので、その間「良い軽」であるekワゴンを代車として借りて、街中を走り回ってみました。全然期待せずに乗ったのですが、時速50kmまでなら、割と軽快に走ります。それ以上の速度域になったり、キツ目の坂道になると全くダメですが、街乗りオンリーならこれでも十分だと思いました。最近の軽自動車は性能も上がってきたということですね。世間での軽への需要シフトもうなずけるものがあります。

ああ、しかし保険更新の直後にタイヤ交換か。ローンの支払いもあったし、これで夏のボーナスよ、さようなら、ですね。(T-T)
[PR]

by kcchicago | 2006-07-09 18:04 | Evo IX | Comments(0)
2006年 07月 09日

富士を見ながら400km

自分で言うのもなんですが、昨日は出発が遅かった割によく走りました。

ちょうど昼の12時くらいに部屋を出て、すぐさま東名川崎ICへ。途中、変にバトっているBMWやバイクなんかを尻目にまったりと走りながら御殿場ICまで。少し霧が出てきた中、自衛隊の演習地の脇を通り、富士山スカイラインへ。霧で全く前が見えなくなった道をこわごわと登っていく。そして、、、

やってきました、新五号目!

ここまで車で来れるのは知っていたのですが、実は来たのは初めてです。高速を使えば自宅から二時間弱で来れるものなんですね、知らなかった。。。生憎の天気で霧が出てしまい、下界を見下ろすことは全くできなかったのですが、取りあえず満足です。

で、登山などせずにサクッと富士山スカイラインを引き返し、さらに西へと進む。そのまま朝霧高原へ出ようかと思ったけど、何となく「白糸の滝」の表示に魅かれ、フラフラと。「どうせ、名前の通り白糸みたいにちょろちょろ流れてるだけなんでしょ」と思ってたけど、あに図らんや、結構な規模の滝でした。特に駐車場から見て手前側にあった「音止の滝」は、観客が「おー!」と声を上げるくらいの迫力はありました。

その後139号に出て、「道の駅 朝霧高原」へ。さすがにおなかが減ったので、ここで「鱒カツ定食」と朝霧高原牛乳をゲット。鱒カツはおいしかったけど、相変わらず食べてみても鮭との違いが分からない味覚音痴な自分です。(-_-;) 牛乳は仁王立ちになって左手を腰にあててグイっと。(ウソです。ホントはベンチに座ってストローでまったり飲んでました)

この時点で夕方5時くらい。そろそろ帰っても良かったのですが、何せ出発が遅かったので、まだまだ妙に元気。というわけで、139号精進湖脇から358号へ。ネットでちょっと有名な「上九うどん」を発見しつつ、ずんずん甲府へ。特に甲府では何をするでもなく、通りぬけるだけで、そのまま140号へ。

ここからが長かった。。。

140号って、結構な山道で、しかも途中で有料道路をはさんだりする割に、仕事関係の車(結構大きめのトラック、トレーラー等)やバスなんかがよく走ってるんですね。せっかくの山道を「ウーム。(-"-;)」と思いつつ、寝そうなペースで走る。それでも、ネットで有名な(動画にもなっている)秩父ループ橋を走ったときは「これがあの!」と一人で悦に入る。そして、秩父で299に乗り継いで、都心方面へ。

そして夕食を取って帰宅する頃には11時過ぎ。本日は締めて400kmほどのドライブ。そして、エボ9ちゃん(アザラシ入り)はめでたく走行距離2万キロ突破!今日は12ヶ月点検&オイル交換&EXコート&保険の更新に行ってきますよ。何故か右フロントだけタイヤが坊主だし(左コーナーでの荷重のかけ方が変なのか?)、タイヤ交換もすると、また出費が。。。まあ、趣味の代償だから、いいと言えばいいのですが。ウーム。(-"-;)
[PR]

by kcchicago | 2006-07-09 10:00 | Evo IX | Comments(0)
2006年 07月 01日

夜の山中湖

一旦部屋に戻って少しボケッとした後、夕方くらいから山中湖へ向けて出発。

時間が遅かったので、ちょっと高速を使おうと思って、409から鶴川街道へというルートを取るも、調布ICにたどり着くまでに一時間かかって、少しげんなり。高速に上がった後も何だか喧嘩してる人たちがいるし。。。

でも、気を取り直して、相模湖ICで降りると、県道76⇒道志みち⇒県道24と、ガンガン走っていく。県道24は交通量も少なく、程よいワインディングで、最近のお気に入りです。

で、139⇒138と通って、忍野八海から山中湖へ。そこでベンチに座って、夜の湖を眺めながらまったり。そして、ずっと観察してると、夜の湖畔は結構変な人や変な車がよく通ります。

一時間近くぼけっとしてから帰宅。帰路は明神峠を抜けて、246へ。どうでもいいのですが、明神峠では目の前を無茶苦茶速い軽自動車が走っていて、下りでは危うく振り切られそうになりました。やっぱり車よりもテクということでしょうか。

しばらく246を走ってましたが、途中で疲れてきたので、秦野中井から高速に乗って一気に帰宅。生憎の天気ではありましたが、それなりに楽しかったです。
[PR]

by kcchicago | 2006-07-01 23:52 | Evo IX | Comments(0)
2006年 06月 25日

夜ドラ

夜になって涼しくなってきたので、千葉方面に軽く200km弱のドライブに行ってきました。

やはりアザラシ入りのエボ9は好調です。

で、帰宅すると、ハッピーなんだけれど少し寂しい気分になるような便りが届いていました。

ヒトの幸せの報せに接して、こんな複雑な気分になるのは、まだまだ人間ができていない証拠なんだろうなぁ。要修行といったとこでしょうか。。。
[PR]

by kcchicago | 2006-06-25 00:37 | Evo IX | Comments(0)
2006年 06月 18日

エボ9 アザラシ入り

ふふっ、これで少しいい感じになりましたよ。o(^ー^)o
[PR]

by kcchicago | 2006-06-18 00:30 | Evo IX | Comments(0)