カテゴリ:Caterham( 96 )


2015年 09月 22日

ロータスの聖地をめぐる旅 本編

例によって例のごとくですが、前日の渋滞ドはまり繰り返しで早くも疲れ切っています。

e0024426_20371846.jpg
ルートインの朝食が結構好き。東横インのときは面倒くさいので朝食はパスしますが、ルートインのときはしっかり食べます。

写真は撮らなかったけど、鈴鹿サーキットを外からチラッと眺めて、名阪国道へ。

名阪国道って初めて走ったけど、本当にまんま高速道路みたいなのね。案内表示の看板も青じゃなく緑だし。

e0024426_20404076.jpg
上野PAでトイレ休憩。営業時間外なのかもしれないけど、それ以前の問題として廃墟なのか?それとも中に入ると、ちゃんと営業してるんだろうか?怖くて入れなかったけど。

山添ICで名阪国道を降りた直後に道を間違える。「引き返さなくてもリカバリーできるじゃないか」と地図を信じて走ったら、そのまま車幅一台分の林道に突っ込んでしまう。ああ、間違えた、と思ったけど、後々これがこの辺りの標準なのだと思い知ることに。

それはそれとして、リカバリー後の道は、普通の県道なんだけど、道の広さとアップダウンにコーナーの曲率が自分の好みにぴったりで、周囲に住宅もあるので全く飛ばせないんだけど、普通の速度で流しているだけで、心地よさに浸れました。

e0024426_20455998.jpg
その後も何度か道を間違い、行こうと思っていた場所と違う場所に到着。でも、ここで二台のエリーゼに会えました!

赤エリの方と少しお話をして、普段の週末ならここにエリーゼが集まるらしいと聞くも、この日は連休二日目で常連さんは来ていないらしく、赤エリさんもそのままお帰りになりました。

e0024426_20481089.jpg
その後、三度道を間違えて、窓ふき休憩。

e0024426_20485148.jpg
昼食は、ロータス乗りが集まるらしいと評判の文月さん。

e0024426_20493814.jpg
先のお店の看板もそうですが、フクロウの小物が光ります。

e0024426_20501074.jpg
頼んだのは鶏そば。美味しかったです。

e0024426_2050484.jpg
駐車場で待つケータ。今日はロータスのお客さんはいないようでした。

その後、R163から名張川沿いの県道を走って月ヶ瀬へ。道の写真は撮ってませんが、この県道も素晴らしく自分好みの道でした。こういう道が連続する奈良の山中は本当に素晴らしい!

e0024426_20531422.jpg
月ヶ瀬の駐車場で黄色エリとストチタ?エリに、エンジンをミッドシップに積んだルーテシアさんと談笑。黄色エリは先ほどの写真のエリとは別の方で、最近奈良に通い始めたとのこと。この辺りの道は楽しくて、月に一回ほど来られているのだとか。確かに、近場にこれだけの道があれば、毎月あるいは毎週でも来たくなります。

気付けば二時間以上ここにいて、本日は散会。特にクラブのツーリングがあったわけでもないのに、一日で四台のエリーゼに会えました。それ以外にも、面白い車がたくさん走っていました。

帰路は名阪国道や高速で渋滞に巻き込まれつつ、浜松まで走って宿泊。途中、伊勢湾岸道から見える長島スパーランドの夜景が素晴らしかったです。

奈良の道は、地図にあるほんの一部を走っただけでしたが、それでも素晴らしい道が多く、組み合わせを考えると無限に楽しめそうです。ただ、県道は一桁でも二桁でも、道幅が本当に狭い、林道っぽい道が多いので、注意が必要です。ケータは幅が狭く、それでいて最低地上高はそれなりにあるので余裕ですが、エリーゼの人は厳しいらしいです。それを差し引いても、何度でも走りに行きたい道でしたが。一泊すれば十分に行けそうなので、ちょくちょく通ってみようかな?
[PR]

by kcchicago | 2015-09-22 21:04 | Caterham | Comments(0)
2015年 09月 22日

ロータスの聖地をめぐる旅 前編

「ロータスの聖地」は大袈裟ですが、奈良県の山中に毎週ロータスが集うという話を聞きつけて、どんな場所か見に行こうと思い立ち、この5連休のうち、昨日までの三日間は三重県・奈良県方面へツーリングに行ってきました。

連休初日は、急いで出ても、どのルートを選択しても、きっと渋滞にはまるはず、との諦観?から、いつものごとく朝風呂に入って、洗濯機を回して、のんびりと出発しました。

西に向かうのにちょっとだけ箱根に寄って行こうかなと思うも、さすがに小田原厚木道路は厳しそうねと、横浜新道から行ってみましたが、あまりにも当たり前のことながら、こちらも大渋滞。しかも、晴れたのはいいけど、想像したより直射日光が厳しくて暑い!北海道ツーリングの教訓で、日焼け止めはしっかり塗っておいたため、そんなにひどい状態にはなりませんでしたが、早くもげんなり。

新湘南を経て、さすがにR134はやめておこうとR1から西湘BPへ。せっかくの西湘BP絶景も、ケータは着座位置が低すぎてほとんど海が見えないのですが、それでもガードレールの切れ間からたまに覗く海面にご機嫌になり、一気に小田原へ。この間、コンビニ休憩中に一台だけ走り去るケータハムに遭遇しました。

ターンパイクに行けば良かったかなと迷いながらも、横浜新道の大渋滞に再びげんなりし、箱根峠へ。でも、噴火の影響なのか、芦ノ湖スカイラインは怖いくらいガラガラの快走路になってました。

e0024426_17245984.jpg
休憩所の駐車場から山を見てご機嫌。でも、こんなところでドリフトをしてはいけません…。

e0024426_17254799.jpg
見下ろす側の景色は雲がかかって今ひとつ。

e0024426_17263134.jpg
ガーリック・ライスのカレーは美味しかったです。でも、好天で行楽日和の連休初日に、このお客さんの入りは…。警戒レベルはかなり下がっていますが、警戒情報が完全に解除されるまでは厳しいのでしょうね。

e0024426_172954.jpg
三国峠も雲がかかって、富士山は全く見えず。何台か車が止まってましたが、皆さん残念そうでした。

その後は r337で箱根を降りて、裾野からあっさり東名に乗ってしまおうと思ったのですが、不親切な道路案内板を信じた結果、遠回りさせられて腹が立ったので、高速には乗らずにR246を走っていくことにしました。

その後、R1に乗り継ぎ、BPを通り、藤枝BP入り口で何度目かの大渋滞に遭遇したので、そこから焼津に抜けて、東名に乗りました。

e0024426_17344571.jpg
浜名湖SAで給油休憩。

e0024426_1735145.jpg
お約束のソフトクリーム。

東名も、岡崎手前で想定通りの大渋滞。伊勢湾岸道に入ってからは、それなりにスムーズに流れて、この日は鈴鹿泊。

e0024426_17364345.jpg
ルートイン内の居酒屋で夕食、ビール一杯がサービスでついていて、夕食後はバタンキューでした。
[PR]

by kcchicago | 2015-09-22 17:39 | Caterham | Comments(0)
2015年 09月 12日

富士山は遥か遠く

すぐ近くまで行ったんですけどね。(^^;)

e0024426_2083867.jpg
前回に引き続き、雲に隠れたままでした。

まあ、フラッと行って綺麗な富士山を見ようというのが甘いのかもしれませんね。(^^;)

近くでは、三脚+一眼レフを設置して、傍らのチェアに腰を下ろして、雲が晴れるのを何時間でも待ってそうな方々がいましたから。

久々の週末晴れ間だったので、路上に出ている車の台数もすごいものがありましたが、往路・復路とも複数台が絡む事故現場を見かけたので、ますます安全運転に気を付けないといけないですね。
[PR]

by kcchicago | 2015-09-12 20:12 | Caterham | Comments(0)
2015年 09月 05日

北海道ツーリング 最終日

最終日29日の土曜日。

e0024426_1730440.jpg
下船を待つ隔離組の図。往路の船と比べると、ガラ空きでした。

午前6時に到着して、6時10分頃には走り始め。この日はずっと大雨で幌を閉めざるを得ず、「蒸し風呂状態だとイヤだな」と思っていましたが、気温が想像以上に低く、不快な状態に陥らずに走れました。

e0024426_1732272.jpg
下道で朝食も取らずに高速に乗ってしまったので、PAで食事。何故か自販機コーナーの一角に、立派な錦鯉の入った水槽が。必要か、これ?

その後も一瞬、視界がなくなるほどの大雨に降られながらも東京へ。でも、それが良かったのか、北海道で虫まみれになったはずのボディやナンバープレートがピカピカになっていました。途中でSTOREに寄ったら、「本当に洗車していないんですか?」と言われたくらい。

e0024426_1735482.jpg
真っ直ぐに帰れよ、と自分でも突っ込みたくなるけど、ちょうどお昼だったので、埠頭のオープン・カフェに寄り道。すごい満席だったので、ちょっと笑ってしまいましたが。

e0024426_17373061.jpg
そして、ようやく帰宅!

無事に旅を終えられたことに感謝しましょう。ケータのほうは、まったく不具合の気配を感じさせることすらなく、絶好調そのもので、燃費も先に書いた通り20km/l超連発だったのですが、ドライバーのほうがダメですね。風と直射日光、それに幌を閉めたときの蒸し風呂状態で、文字通り音を立てるような勢いで体力が削られていきます。今回は「楽しかったけど疲れた」というのが本音なので、「疲れたけど楽しかった」と言えるように、もう少し修行したいと思います!
[PR]

by kcchicago | 2015-09-05 17:41 | Caterham | Comments(0)
2015年 09月 05日

北海道ツーリング 七日目

実はこの日記をupしている本日は、夜から飲み会が入っていたのですが、体調不良でキャンセルして家で悶々としているので、一気に最終日まで更新してしまおうと思います。

というわけで、7日目、28日の金曜日。

e0024426_17135234.jpg
前日の夜はお酒を控えて、早朝から札幌を出発し、小樽港へ。現実に帰る船が出ます。

e0024426_1716734.jpg
そして、やはり乗船時は隔離されてしまいました…。

e0024426_17165244.jpg
さようなら北海道。フェリーかどうかはともかくとして、またすぐに来ます。

e0024426_17175134.jpg
フェリーに乗っている間は何もやることがない、と言いつつも、洗濯していたり、昼寝したり、洗濯していたり(タイポではなく、何故かこの日、二回洗濯機をまわしました)したら、あっという間に夕方に。

e0024426_17192122.jpg
夕陽の見える席で食事を取って、お風呂に入ったら、あっさりと消灯⇒就寝の流れ。それにしても、フェリーの食堂では、いつも食べ過ぎてしまいます。
[PR]

by kcchicago | 2015-09-05 17:21 | Caterham | Comments(0)
2015年 09月 05日

北海道ツーリング 六日目

実質的に北海道最終日となる貴重な一日なのですが。

二日酔い気味だし、朝から雨が降ってるし、疲れたし、お土産も買わなきゃいけないし、ホテルも札幌連泊にしてるし。

というわけで、ケータをホテルの駐車場に置いたまま、すすきのの街をフラフラとお散歩。日経買って、コーヒーでも飲もうか、と普段の週末と変わらないことを考えていたら、予想外に午前中の用事が早目に片付いたというW氏から「ランチでもどうですか?」とのお誘いが。

e0024426_16245094.jpg

すすきの交差点でW氏に拾ってもらって、すみれ本店。「ランチ」という響きにそぐわない気もしますが、おっさん二人だし、細かいことは気にしない。実は「すみれ」か「純蓮」かで一悶着あったのですが、「どっちも同じ味よ」とW氏の奥様に一刀両断され、こちらへ。有名店ですが、大通りの高架脇で、すごい場所にあるので、初めての人はナビがないとたどり着けないと思います。W氏の車で良かった…。

e0024426_16283279.jpg
札幌だし、みそラーメン一択で。平日の12時前から駐車場も店内もいっぱいでしたが、それも納得の美味しさでした。

振り返ると、この日はひたすらW氏と、おっさんビジネスマン・トークをしていたように思うのですが、ここではアルバイトの時給の話に始まって、「美人でイケメンで愛想もよくて好感度の高い人材を高値で雇うか、外国人を雇うか、二極化してしまっている」、「今の日本は、美人かイケメンでないと、居酒屋の店員にもなれない」みたいな話をしてました。後半は話が飛躍し過ぎですが。

札幌駅前に送ってもらって、一旦、解散。駅近くの六花亭で東京向けのお土産を購入しました。

e0024426_16352069.jpg
昼下がり、円山公園はバエレンタル前。建物がお洒落すぎて異世界に迷い込んだようです。

せっかくなのでケータの同乗走行をしようと、再びW氏と合流。

e0024426_1637496.jpg
旭山記念公園から札幌の街を見下ろします。

e0024426_16383935.jpg
ケータハムと五輪。ここは…。

e0024426_16392171.jpg
宮の森ジャンプ競技場です!これでもノーマル・ヒルなんですね。下から見上げただけでは全く上は見通せませんし、脇の観客席ですら、勾配がキツくて怖かったです。近くにあるラージ・ヒルの大倉山ジャンプ競技場も駐車場の入り口からチラッと眺めましたが、ジャンプ競技の選手の皆さんは、どうやって恐怖心を克服しているのでしょうかね?

e0024426_1645116.jpg
ジャンプ台を後にして、西野にある有名なジェラート屋さん。この日は気温20度前後で寒かったのですが、店内&テラス席は、女子高生と若奥様のプチ女子会集団で満席でした。

「北海道は暑い時期が短いからジェラート屋さんの経営は厳しいのでは?」とW氏に聞いてみましたが、北海道の人は暑かろうが寒かろうがジェラートを食べるようです。その後、札幌では爆発的な人気なのに多店舗展開しないお店の方針を賛美しつつ、「一時的な人気を過信して多店舗展開に投資することの愚かさ」みたいな話に展開しました。

e0024426_16495171.jpg
e0024426_16501288.jpg
ジェラートで身体が冷えた後は、カフェ好き女子ならむせび泣きそうな、「THE古民家風カフェ」とでも言うべき、森彦本店でお茶。実際にお客さんは女性ばかりで、男性のみのグループは我々だけでした。雑誌に出てきそうな典型的な「森ガールとその彼氏」みたいなカップルが入ってきて、女の子のほうが店内を見渡して目がハートになっているのが、ちょっとおかしかったです。

ここでは、カフェ経営に必要な固定費とそれを賄うための売上みたいな話になり、「その数のお客さんを毎日コンスタントに集めるのは不可能だ」とか「一杯600円のコーヒーを出せるのは、集客に成功している本当の勝ち組カフェだけだ」みたいな話をしていました。

そして、その後、登場したW氏のお子さん(女子・2歳)にも、ケータは大受けで、ここで再び解散。

e0024426_16554988.jpg
夜になって、三度W氏に拾ってもらい、スープカレー屋さんへ。ともにチキンカレーですが、ココナッツベースとトマトベースにして、トマトの方は7辛にしました。

旅の疲れとソフトクリームの食べ過ぎで、夕方からおなかを壊していたのですが、ここのカレーで思い切り汗をかいたことで、少し回復したようです。

相変わらず投資とか不動産とか、そういう話をしていたように思いますが、カレー屋のあとホテルまで送ってもらい、三度解散。結局、一日中お付き合い頂いた形になり、Wさん、ありがとうございまいした!
[PR]

by kcchicago | 2015-09-05 17:03 | Caterham | Comments(0)
2015年 09月 05日

北海道ツーリング 五日目

さて、日程的にはようやく後半に入ったばかりですが、それまで直射日光と風に身体をさらし続け、少しの雨にも打たれたことから、早くも体力が底をつき、ここから単なる「移動」のようになってしまいます…。

それでも午前中は少し元気だったので、まずは釧路湿原にチャレンジ!

でも、釧路湿原展望台は営業時間前で入れず、釧路湿原道路に行ってみるも、左右は防風林?で視界をふさがれ、産業用道路よろしく大型トレーラーの排気ガスにまみれ、やる気減退。

その後、足寄に向かう途中の山道は面白かったのですが、相変わらずトールボーイの軽自動車にぶち抜かれたりしながら(飛ばしすぎだと思うのですが)、道の駅あしょろに到着。

e0024426_1557401.jpg
地物の材料による定食。鹿肉のコロッケとか、螺湾蕗の天ぷらとか。

ここでも疲れ切って一時間ほど休憩。

その後も、雨がパラついて、でも日は差して、屋根を開けると濡れるし寒いし、閉めると蒸し風呂状態で暑いし、天候と車のコンディションが合わない状態となり、札幌までの道のりを高速に乗り、200kmしかないのに3度も休憩して、またもやヘロヘロの状態で札幌のホテルにたどり着きました。

e0024426_163330.jpg
ホテルにチェックインして落ち着いた後は、札幌在住のW氏と合流してジンギスカン。冷静に振り返ると、この量の肉を二人で平らげたんですね。食べ過ぎ。

その後も軽く飲みに行き、ホテルに戻ったのは12時頃でしょうか。後から考えると、「疲れた」と言いながら意外に元気だったかも。

そして、この日も終了。
[PR]

by kcchicago | 2015-09-05 16:08 | Caterham | Comments(0)
2015年 09月 05日

北海道ツーリング 四日目後半

開陽台を後にして、道東に来たら必ず立ち寄る野付半島へ。

e0024426_1583396.jpg
まずは手前側にあるナラワラへ。海が青くてキラキラしてて綺麗です。

e0024426_1591069.jpg
対岸に群生から立ち枯れたナラマツの木々。枯れた樹木が観光名所になる場所もなかなかないですよね。

そして、さらに進んでトドワラ。

e0024426_15105876.jpg
駐車場に車を停めて、こんな一本道を延々と進んでいきます。

e0024426_15114183.jpg
海を見ながら進んでいきます。湾の向こうの大地が見えます。

e0024426_15123028.jpg
15分ほど歩いてトドワラ到着!

はいいものの…

e0024426_1513119.jpg
e0024426_15132920.jpg
自分がここに初めて来たのは、もう15年ほど前でしょうか?その頃と比べても、立ち枯れの木がほとんどなくなってしまって、ただの海沿いの公園になってしまっている感じです。昔は緑の大地に、白く立ち枯れた木が、まさに死屍累々と屍をさらしているようで、緑と白のコントラストの美しさと、生命の終焉を感じさせるもの悲しさが相俟った、異様な迫力があったものですが。

まあ、初めて北海道に来た思い出が自分の中で美化されてるだけかもしれませんが。

e0024426_1517423.jpg
その代わりと言っては難ですが、以前は橋が渡されていなかった先の方へも行けるようになっていました。

e0024426_15182353.jpg
相変わらず、海面は青く光っていて綺麗です。

e0024426_15185690.jpg
水に浸かった立ち枯れの木を横目に、さらに進みます。

e0024426_15194148.jpg
ようやく先端まで。まあ、ここまで来ても何もないんですがね。とりあえずの達成感は得られるということで。

e0024426_15205022.jpg
帰りも30分弱の道のりをてくてく歩いて休憩所へ。ここでソフトクリーム休憩。

この時点で午後1時過ぎだったので、納沙布岬まで足を伸ばそうかとも思いましたが、何回も行ったことがあるし、この日はとにかく衣類を洗濯しないと、当日の夜に着替える分の服もなかったので、真っ直ぐ宿泊予定の釧路に向かうことにしました。

そして、トドワラの駐車場を出るあたりから異変に気づきます。

いや、何となくイヤな予感はしなくもなかったのですが、東京から新潟まで走って行った日は曇り空だったし、前日と当日の道東は気温18度程度で涼しかったので、「平気だろう」と高を括っていたら、目いっぱい日焼けしていたようです。

昼過ぎの、遮るものが何もない日差しに辟易し、「そう言えば」と思い出して、荷物の奥に入れていた日焼け止めを塗ったりするも効果なく、顔が真っ赤に火照って、ぐったりした状態になり、何度も休憩を入れながら、ようやく夕方頃に釧路の街にたどり着きました。

そして、ホテルにチェックインして「いざ洗濯!」と思ったのですが、ツーリングに来ているどこかの大学の自転車部(サークル?)と思しき集団と鉢合わせし、彼らも手に大量の洗濯物を持っている状況下、ホテルの洗濯機は二台しかなく、洗濯機&乾燥機争奪戦に巻き込まれてしまいました。

無事に洗濯と感想を終えた時点ですっかり夜になっており、そこから釧路の街に食事に出かけます。

先ほどの彼らが「飲み会だから遅れるな!」と大声で言い合っていたので、その会場になる居酒屋だけは避けようと街をウロウロし、地場のお魚を出してくれそうなカウンターメインの渋い居酒屋に入りました。

写真は撮ってませんが、クジラのユッケや、シシャモ酒に、あとはサンマのお刺身が絶品で、しかもお値段も安く、釧路の夜を堪能できました。

ホテルに帰る道では、結局先ほどの学生さん集団が戻るのと同じタイミングになってしまったのですが、完全にぶっ潰れて仲間の肩におぶさって引きずられていく学生を見ながら、ちょっとだけ昔の無茶な飲み会を思い出して遠い目になりました。

と言いながら、日焼けで真っ赤、しかもどす黒く変色しつつある顔のアラフォーのおっさんもどうか、と自分でも思いますが。

こうして、実質的な旅のクライマックスである3日目・4日目が終了です。
[PR]

by kcchicago | 2015-09-05 15:39 | Caterham | Comments(0)
2015年 09月 01日

北海道ツーリング 四日目前半

さて、まだ元気が残っていた四日目 25日の火曜日。

普通なら網走に泊まったら、次は知床に行くのでしょうけれど、知床や羅臼には以前も寄ったことがあるので、今回はパスして、r102で南下していきます。この、特に観光道路というわけでもない、普通の道が素晴らしい!道央の観光地に比べて、道東は観光地のマーケティングで負けている感があり、全体的にマイナーな扱いを受けている印象がありますが、実際の景観や走った時の気持ち良さは、圧倒的に道東の方が優っているんじゃないかと思います。道東好き。

e0024426_2132847.jpg
藻琴山展望台から屈斜路湖。後で聞いた話ですが、屈斜路湖畔には、湖脇に沸いている温泉があるとのこと。次のタイミングには入ってみなきゃ。

e0024426_21365584.jpg
摩周湖第三展望台から弟子屈方面。

e0024426_21383861.jpg
道端であった可愛い子ちゃん。この写真を撮った後、ケータの真横まで来てくれました。餌が欲しかったのかもしれませんね、何もあげなかったけど…。

e0024426_21395958.jpg
とりあえず摩周湖。500円払って駐車場に入りましたが、用を足して数枚写真を取ったらそそくさと退散。

摩周湖を後にして、知床をパスしてでも今回来てみたいと思っていた場所を目指す。

というわけで、

e0024426_21423535.jpg
やって来ました、開陽台!

以前の開陽台を知らないのですが、ぐるっと360度を見渡す展望台が整備され、全方位で地平線の丸さを感じられるような絶景が見事でした。想像していた以上に見応えがあり、ここは本当に来て良かったと思いました。

e0024426_21454416.jpg
知床連山方面。

e0024426_21462915.jpg
国後島方面。

e0024426_2147520.jpg
野付半島方面。

e0024426_21475987.jpg
納沙布岬方面。

e0024426_214826100.jpg
中標津市街方面。

e0024426_21485892.jpg
こっちは斜里方面かな。

絶景を堪能しても時間はまだまだ午前中。

e0024426_2149545.jpg
豪快に縦にうねる一本道を経て、本日後半に続きます。
[PR]

by kcchicago | 2015-09-01 21:52 | Caterham | Comments(0)
2015年 08月 30日

北海道ツーリング 三日目後半

うに丼を食べた後は、最北端のGSで給油。最北端給油証明書はもらえましたが、レシートが以前の仕様とは異なり、普通のレシートになってしまっていたのが残念です。

ここで給油した際に、「ガソリンこれだけしか入らないの!?」と自分で驚いたのですが、5速入れっ放しの負荷一定でエンジンを回し続けているおかげで、驚異の燃費をたたき出したようです。正確な計算はしていませんが、北海道内を通じて22~23km/lは走った模様。走行距離1万キロを越えて、SIGMA Egのパワー感と燃費両方が向上してきたようです。

ちょっとだけ戻って宗谷丘陵に寄り道。

e0024426_1662926.jpg
e0024426_1664566.jpg
高台から見下ろす良い眺めです。

e0024426_1673265.jpg
e0024426_1675218.jpg
そして、すごい数の風車群。これは賛否両論あるようですが。

e0024426_1683331.jpg
緑にオレンジって似合うよね、と自賛してみたり。

まあ、花の色なので合うのは当然かもしれませんが、その代わり虫が寄って来て大変でした…。

午後は、オホーツク海沿いの一本道をひたすら走り続けます。以前に走った際には「退屈な道だな」と思いましたが、天候や時間帯の差もあるのでしょう。キラキラと輝く海面を左手に見つつ、走るのはそれなりに楽しかったです。

e0024426_16111123.jpg
それでも事前に想定していたとおり、この日は走行距離が長い分、体調的にも厳しくて、夕方くらいからまた寝そうになりながら運転して、ここでソフトクリーム休憩。この後は、幌をかけて、雨にも降られながら、何とか網走の東横インまでたどり着きました。

網走駅そのものの近くは、何もないんですね。15分くらい歩けば、海産物が食べられそうな繁華街にも出られたようですが、疲れ切っていたので、適当に食事を済ませて、さっさと就寝。

この日の走行距離は750km。「走る」という今回の旅の目的を一気に済ませた日でもありました。
[PR]

by kcchicago | 2015-08-30 16:16 | Caterham | Comments(0)